2011年11月21日

TaskChuteなしては生きられない。シゴタノ!スピードハック研究会効果を実感 #spd89


このエントリーをはてなブックマークに追加
突然ですが、最近、「シゴタノ!スピードハック研究会」の効果を実感する出来事があったのでご報告します。


先週まで、1ヶ月休暇を取る同僚Aさんの代行を任されました。Aさんの仕事を、Bさんと私の2名で分担しました。

Aさん曰く「たいしてやることないですから〜」ということだったのですが、Aさんが休みに入ってすぐ、状況が大きく変わって、やることないどころか、緊急対応が発生したりして、本来の仕事を圧迫するほどになりました。

先週の金曜日に「代行期間もやっと終わりだね〜」とBさんと話をしていて、私の仕事の進め方について「要領がいい」と言われて驚きました。

Bさんは、代行期間中、寝ても覚めても代行仕事のことで頭が一杯で、家に仕事を持ち帰り、夜も朝も仕事をしたというのでした。本当に大変だったと目に涙を浮かべて言っていました。(冗談じゃなくて本当に)

私も持ち帰り仕事はしたけど、そこまで大変ではなかったので、何か申し訳ない気がしてしまいました。

自分では、全然要領がいいとは思っていないのですが、効率的に仕事が出来ていたようです。
この一ヶ月の代行期間を無事乗り切れた理由を考えてみたら、「シゴタノ!スピードハック研究会」に思い当たりました。



今年初め1月から3月まで、「シゴタノ!スピードハック研究会」に参加させていただきました。
オンラインの研究会で、1ヶ月毎に課題が出て、毎日、課題を提出するというものでした。毎日の課題に対するフィードバックはありませんが、一週間に1度のメールで、メンバーからの質問への回答やアドバイス等々の情報をいただきました。

また、日曜日は、twicastライブ放送で大橋さんと佐々木さんが、メールでは説明しきれない部分をチャートやPCの画面を写しながら説明してくださいました。
別にリアルタイムで見る必要はないのだけど、早く先に進みたい、日曜日に見てヒントがあれば月曜から仕事に生かしたいとの思いから、極力、日曜にリアルタイムで見るようにしていました。

ライブ放送に参加する回もあり、研究会同期の参加者の方とお会いすることも出来ました。

そのスピードハック研究会の参加を機に、仕事のタスク実行管理ツールとして、TaskChuteを使用しています。


過去ログを見てみたら、私のTaskChute歴はこんなでした。
2011/1/13  TaskChute使用開始
2011/1/29  TaskChute以前に戻れない気がしている
2011/2/1  TaskChuteを使うようになって精神的に楽になった

現在、私のTaskChuteは、継ぎ足し継ぎ足ししてきたウナギ屋さんの秘伝のたれみたいにいい感じになってきています。


スピードハック研究会に参加させていただいたのは、心に余裕がなく、すぐテンパってしまって、こんな仕事の仕方はもう嫌!と思っていたからでした。

それが、スピードハック研究会研究会に参加させていただき、TaskChuteを使うようになって、心穏やかに仕事することができるようになったのです。

一ヶ月間の代行というのは仕事量が1.5倍くらいになり、以前の私だったら、絶賛テンパり状態だったと思うのですが、平静に過ごすことができました。

自分の通常業務と代行仕事で優先付けをし、代行仕事で、自分ひとりで解決できないものは他の人の手を借りるように手を打つ、関係者の予定を早めに押さえるなどを早めにアクションをしておいて、その間、自分の通常業務をやって凌ぎました。また、ルーチンでも1日スキップしても大丈夫なタスクも分かっていたので、今回の代行仕事を入れるために、通常業務をバッサリ先送りしたりする対応が取れました。

シゴタノ!スピードハック研究会、TaskChuteのおかげです!



来月、スピードハック研究会のセミナーが開催されるみたいですね。6時間という長丁場!
きっと内容濃いと思います!シゴタノ!スピードハック研究会、オススメです。

ゼロから始める2012年 スピードハック総決算2011

今回、TaskChute2が参加者全員プレゼントなのだそうです。
テスターをさせていただいた関係で、TaskChute2を使用していますが、いいですよ〜!

TaskChute2のダウンロードは、こちらから。




posted by ホッシーナ at 20:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会・オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

「東京林間学校」(親子カフェイベント)に行ってきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
「東京林間学校」に行ってきました。

名前は林間学校でも、学校ではないです。
林間学校だからって、泊まりではないので、当然、枕投げもありません。残念。

「東京林間学校」という名前の ”親子カフェイベント”です。10月23日(日)新宿御苑近くのステキな洋館ラ・ケヤキで行われました。

東京林間学校(ラ・ケヤキのサイト)
東京林間学校 Facebook

ラ・ケヤキの門柱 渋い!
IMG_2937[1].JPG

夕暮れ 外から撮ったラ・ケラキ
IMG_2945[1].JPG


友達の谷やん(@tani_yang)が主宰で、いろいろな方が、子連れで集まるらしい。スクラッチをやるらしい。くらいの情報しかなかったのですが(^_^;) 楽しそうなので行ってみました。

会費制ではなくて、最初にコインを購入して、食べ物飲み物などをコインで支払うという仕組みでした。

当日、息子のサッカーが終わってからの参加で、到着が遅くなってしまいましたが、皆さん、それぞれ好きなように過ごしている感じで、まったり〜。心地のよい空間でした。

全部で約60名集まったということでしたが、おうちが広かったので、窮屈ということは全くありませんでした。(一般のお宅に60名は、まず無理ですよね?)
庭も広くて、大きな木がたくさん。タイヤのターザンロープがあって、息子は暗くなっても、夢中でやっていました。

今回、特に印象的だったのが家族写真撮影と、スクラッチのデモです。


プロカメラマン菅原ヒロシさんによる家族写真撮影

プロカメラマンの菅原ヒロシさんに写真を撮っていただきました。
これまで、親子写真を撮ってもらったのは、スタジオア○スくらいしか、なかったので、緑あふれる屋外で自然な感じでプロの方に撮っていただけるのは、とても貴重な機会でした。

後で、出来上がった複数の写真から、1枚選んでプリントアウトしていただきました。
うちは、息子が「これだっー!!」と選びました。ガハハと笑顔の写真です。親子ともども、すごく気に入って飾っています。

菅原ヒロシさんのサイト むちゃくちゃかっこいい!
実は(というのも大変失礼なのですけど)すごいカメラマンさんだった!!矢沢栄吉さん他多数の著名人を撮影してらっしゃいます。どれも雰囲気ある写真ばかり。

そんなすごい方に撮影していただけるなんて感激。
しかも、破格の低価格でした。ありがとうございました。


スクラッチのデモ

スクラッチとは、子供向けのプログラミング言語です。前にたまたまWBSで取り上げられていて、興味を持っていました。

子供には、読み書きプログラミング、マスターして欲しいなと思っている私です。それで、こんなイベントに参加したりも。

今回、スクラッチのデモをやると聞いていました。
リビング部分で、「じゃ、これから、デモしまーす!」ということでワクワク。なんと、説明してくれたのは小学校4年の男の子!
説明がちゃんとしてて賢いなーと、恐れ入ってしまいました。

リビングのTVに映し出されたスクラッチ
IMG_2939[1].JPG

手前が小4スクラッチ少年。横に他の子の足があったりしてカオスな感じが出ている?(笑)おもちゃで遊ぶのように、自然に身近にプログラミングがあるようでした。彼とは、名刺交換もしちゃいましたよー。
IMG_2940[1].JPG


別の部屋でもスクラッチのデモを行っていて、こちらでは、PCが多数。いろいろなアプリがありましたが、モーションキャプチャーで動くガイコツが面白かった。うちの子も、自分が動くとガイコツが動くのが楽しかったようです。

ガイコツ スクラッチ
IMG_2952[1].JPG

家のPCにスクラッチをインストールしてみました。折をみて、子供にやらせてみようと思っています。





到着したのが終わりのほうだったので、ワインは半額、食べ物も、これオマケ、とかで、かなりお安くしていただいた気がします。
子供達は、玄米ご飯のおにぎり、ケーキ、ジュース、私は、ワインとカナッペ(ウサギのテリーヌとか、アボガドディップなどでおいしかった)
締めはみそラーメン。飛ぶように売れていた(笑)




子連れの大人数のホームパーティは、騒音レベル高過ぎ(>_<)なので、本当にご近所迷惑。周りを気にせずにいられる場所は嬉しい。

そして普段だったら、出会うことのない方々とお話できるのは楽しいですね。
子連れOKの大人のサロンのような感じです。

遅くに行ったため、あまり多くの方とお話しできず、残念でした。
次回は、ヨガや居合などなどの話も出ているようですよ!次回が楽しみです。


■関連エントリ
【iPad子供アプリ】デジタル絵本「えまきもん」作成ワークショップに参加しました
posted by ホッシーナ at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会・オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

GTDオフ 「他の人はどんなふうにGTDやってるの?」に行ってきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、@kobutako2ko2さんから、「先月のGTDセミナーの復習しましょ!」というお誘いがありました。
「ふ、復習って何?!」と思ったのですが、他の方の実践方法を知るよい機会と思い、参加してきました。

GTDオフ 「他の人はどんなふうにGTDやってるの?」 8/1@渋谷

メンバーは、@kobutako2ko2さん、@saya_tさん、@powerangixさん、@taro_ogataさん、@Sayobsさん、(到着順、笑)
ちなみに、私以外は、東京ライフハック研究会のスタッフの方々です。

東京ライフハック研究会 運営メンバー紹介


GTDの取り組みに関して、先達が悩める子羊達を率いる的な、非常にバランスのよいメンバー構成でした。

GTD Myスタイル確立済。@kobutako2ko2さん、@powerangixさん
GTD Myスタイル模索中。@saya_tさん、@hosshina
GTD 開始3日目。 @Sayobsさん
GTD これから開始。 @taro_ogataさん



皆さんのGTDの実践方法と、課題、解決方法等を共有しました。
iphone 020.jpg

・意外にも?Inboxに書き出す(ダンプする)作業はアナログ派が多い。

・ダンプする時、感情から落とし込んでいく方法もある。(@powerangixさん)例えば、いらいらしている。→何に対して、どうしていらいらしているのか?と落とし込んでいく。これは新しい発見!試してみよう。

・使用しているデジタルツールは、OminiFocusEvernoteDoit.im 等。

・トリガーリスト使用しない派、一般トリガーリスト活用派、オリジナルトリガーリスト利用派がいる。
私は、一般トリガーリスト使っていますが、一度、オリジナルを作っておくと良さそう。

・Inboxの仕訳をすることで、自分にとっての意味が分かる。自分のなかで価値のあることが明確になってくる。

・今やるべきことに集中できる。

・ダンプして全て出し切りスッキリする派と、スッキリしていない派がいる。
 スッキリする派は、人生の目標が定まっているという仮説あり。深いテーマに突入!

・ @Sayobsさんの、開始3日でスッキリしまくり具合が素晴らしい!

・人生の目標からトップダウンでアクションに落とし込んでいくタスクと、やりたいこととしてボトムアップで発生するタスクとがある。(@kobutako2ko2さん)

GTDセミナーで@mehoriさんから、お話があったGTDのスティーブンRコヴィー的世界への突入です。

・デジタルとアナログの切り分けは、最近の私のテーマですが、これについての非常に興味深い定義。
デジタルは、電子辞書的。ピンポイントで検索可能。通販的。
アナログは、紙の辞書的。目的のものの周辺も自然に目に入ってくる。街歩きショッピング的。

・セキュリティ面の配慮から、仕事情報は、evernoteのオフラインで保存。これで、オンオフ切替が強制的に確実に可能!(@saya_tさん)

・@kobutako2ko2さんの手帳術が濃い!
[漫筆] 手帳とノートの俯瞰図を作ってみましたの世界を目の当たりにすることができました。
 -朝計画を立てて、実績を記録している。
 -当日中に絶対入らないものはいれない。(実績記録により、作業見積りができているため可能)
 -今年中にやることは、スケジュールに入っている。今年以降はリストに。
 -80年後(80歳までじゃないよ!驚き!)までの目標がストックされている。
 -todoは一週間単位。
 -過去のほしいものリスト等も変化していっても、消し込まないで残しておく。自分史になる。
 -Googleカレンダーでも実績管理。
 -第一日曜日に過去の同じ月を振り替える。
 -最新2冊のネタ帳も持ち歩く。 etc.
 
特に勉強になったのが、「振り返り
私も月次で、前月の振り返りと今月の目標、todoの整理をしてはいますが、@kobutako2ko2さんは、これまでの同じ月についても振り返りを行っているということです。今だったら、2009年、2008年の8月は、何をしていたか?を確認するとのこと。

なるほど!自分の成長や、その季節ならではの出来事も確認できるし面白い。

去年の8月を見てみたら、その時読んでいた本とか、興味持っていること、子供達の様子を思い出して楽しいのと、まだ、このテーマは深堀りして続けたほうがいいんじゃないかというものを発見したりして、意味あると思いました!


@kobutako2ko2さんの最新エントリで、名言を「自分のもの」にする方法について書かれていますが、@kobutako2ko2さんの自分のものにするコツは振り返りにあるのではないかと思ってしまいました。手帳、読書メモ、ネタ帳を都度振り返り、しっかり自分のものにされているという印象を持ちました。

いやー、本当に勉強になりました。


〜その他、GTD以外のこと〜

@taro_ogataさんの名刺は、ハッカの匂い。匂いで印象付けるっていいですね!

iPad使いこなしたいと思って、iPadでメモ取りましたが、やはりブラインドタッチできず、イライラ。
来週には、Bluetooth キーボードが届く予定なので楽しみ。

GTDとは関係なく聞いてみたかったiPadケースやノマド環境についても情報入手し、有意義でした。


主催の@kobutako2ko2さんはお菓子を食べながらのお茶会のつもりだったそうですが、立派な勉強会でした!(もちろん、お菓子はしっかり食べた♪)

今後、手帳分科会、ライフハック女子会等々に発展の兆しがあります。乞うご期待。



 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


posted by ホッシーナ at 05:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会・オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

第1回東京ライフハック研究会に参加しました。 #tokyohack


このエントリーをはてなブックマークに追加
第1回東京ライフハック研究会に行ってきました。

内容は以下の通り。
・ライフハック研究会について 
・グループワーク 〜「自分タグ」を掘り起こそう 
・ライトニングトーク



・ライフハック研究会について by @beck1240さん

実践の場である。「元とらなあかんでー」
Real Time output 瞬発力を鍛える。
「これすごくない?」をシェアする。

@kazumotoさんが、ブログに書かれているライフハック研究会の説明がとてもよいです。

私にとってライフハックとは

この研究会は一般の人たちが立ち上げ、一般の人たちが運営し、一般の人が気楽に参加できるカジュアルな会

(略)

より自分に近い人、現場であれこれ工夫をしている人が声を上げた勉強会の方が、絶対に役に立つと私は思っています。そして東京ライフハック研究会は正しくそうした場です。




・グループワーク 〜「自分タグ」を掘り起こそう
 

自分を知ってもらうためのキーワードを抽出するためのワーク。

自分で思う自分タグ ≠ 他人からみた自分タグである。

私につけていただいたタグ
iphone 019.jpg

初対面の方で、1人5分間で、本人の気づいていないタグを堀り起こすのは、なかなか難しいと思いました。もっと、じっくり話が聞きたいと思いました。

身近な人に聞いてみるのもいいかも。

同じグループになった@miki_bluecloverさんは、名古屋から、この研究会のためにいらしたということで驚きました!なんという行動力!

実は、ライトニングトークが始まると、名古屋ライフハック研究会の方が3名ご出演と、名古屋パワー恐るべし。
日本のライフハックのメッカの感がある名古屋。ライフハックにかける情熱を感じます。


・ライトニングトーク

ライトニングトークとは、短いプレゼンのことのようです。

(Lightning Talk)とはカンファレンスやフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。(Lightning:稲妻、電光石火) Wikipediaより



1.@447lifeさん 『Toodledoについて』

時間の節約のために利用。
時間の見積もりと実作業時間記録が可能。
APIが公開されており、各種好みに合ったinterfaceを利用できる。

2.@moyoriさん 『NLPを活用したストレス回避法』

言葉を変える:エキサイティング!
表情を変える:無理矢理笑顔!
体の動きを変える:背筋を伸ばして大股歩き!
呪文を唱える:大丈夫、大丈夫、大丈夫、大丈夫。。
ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう。。

3.@meganiiさん 『Evernoteで資格勉強をしよう』

iPhone、Pocket-wifi、Eye-fi、evenoteを活用して資格勉強。
見事、情報処理試験 応用情報技術者に合格されたそう。おめでとうございます。

4.@hide358さん 『iPhone英語勉強法』

iPhone英語勉強法 スキマ時間で英語力を上げる55の技 の著者の方。本日(7/25)まで、Amazonキャンペーンをやっているそう。

すごく楽しそうに語学が好きとおっしゃっていた。中国語など他の言語も習得されているそう。
私は英語に苦手意識があるのだけど、どうしたら、この苦手意識を払拭できるのか知りたい。

英語で何がしたいのかを明確にすることが重要。

@meganiiさんの資格試験の話もそうだけれども、iPhoneなどのツールを使いこなして、隙間時間に勉強する人とそうでない人の差って広がっていく気がする。

5.@seven777さん 『iPhone、iPadの充電方法』 

内容よりも(すみません)石川県から参加ということに驚き。
名古屋ライフハック研究会の方。
名古屋ライフハック研究会にも石川県から参加されているということ!

6.@nijinochichiさん 『ライフをハッキングするために』

名古屋ライフハック研究会の方。
ライフ=経験したこと
ハッキング=振り返り

宝物は自分の中にある。

7.@nokibaさん 『女子的ライフハック』

記銘→想起手がかり→想起

女子的ライフハックサイトを増やしていこう。

女子的ライフハック
OILSHOPの『 LifeHack女子 』
くらしすたんと 今回のスタッフ@norixnoriさんのブログ
ミセス・かんちがいのブログ日記

 
私のブログも『ライフハック・ママ』とかに、変えようか。。。(単純な人)


実は、女子的ライフハックは、おばあちゃんの知恵袋的なもので、昔からあると思うし、ライフハックとして認知されていないだけで、今もたくさんあると思うのです。暗黙知というか。

各女子が持っているライフハックを共有していけるといいですね。


8.@stiloさん 

名古屋ライフハック研究会の方。

ものの見方を変えると考え方が変わる。
Lifehackerとは、可能性を知っている、可能性を追求している。


9.@mehoriさん 

ご本人不在でムービーのみ。

ライフハックとは、人生を変える小さな習慣。



第一回東京ライフハック研究会のまとめ。

正直、まだ消化しきれていません。。

@stiloさんのLTの中で、Lifehackerとは、可能性を知っている、可能性を追求している、というのが良いフレーズだなと思ったのですが、こうして約60名弱の方が集まっているという東京ライフハック研究会の可能性は、計り知れないと感じました。

今後も参加させていただきたいと思っていますが、名古屋パワーに負けず、盛り上げていけたらと思います。

スタッフの皆さん、ご参加の皆さん、ありがとうございました。


個人的には、このような勉強会に参加するに当たり、ノマドワーク体制強化したいなと思いました。手書きでメモしたのだけど、やっぱりデジタルにすべきだったと反省。
iPadではいまいち、ブラインドタッチに不安があるのだけど、iPad+キーボードという方が何名がいらっしゃいましたね。
Pocket−Wifiも欲しいな。



 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

posted by ホッシーナ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会・オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

Lifehacking.jp GTD セミナー「 iPhone とモレスキンで GTD システム作り」に参加してきました。 #gtdhacks


このエントリーをはてなブックマークに追加
7/17(土)に、Lifehacking.jp GTD セミナー「iPhone とモレスキンで GTD システム作り」に参加してきました。

GTDを進める上で、デジタルとアナログの使い分けをどうするかは、皆さんが気になるテーマではないかと思います。

私も、まさに最近「デジタルとアナログ」模索中、ちょっとアナログ回帰気味だったので、「iPhone とモレスキン」とは、まさにデジタルとアナログをテーマにしていると期待を持って申し込みました。

私のGTDの課題としては、レビューをするとやり残しに気付くことが多々あり(これって大嫌い!なんとか避けたい)、Actionへの充分な細分化が出来ていない点と、スケジュールへの反映が徹底出来ていない点を改善せねばと思っていたので、解決のヒントが見つかればいいなと思いながらの参加でした。



会場に着いて、びっくり! (サプライズ@)
な、な、なんと受付が、あのシゴタノ!の大橋悦夫さん佐々木正悟さんではありませんか!!
えーっと、今日はサイン会なのでしたっけ?
私は、まるで韓流スターのおっかけのおばちゃんのように舞い上がってしまったのでした。

興奮しつつ着席すると、皆さんお知り合いの方もいらっしゃるようで、お話をされていたり、、
こういったイベント初めての私は、AR(仮想現実)で、その方のtwitterアイコンが分かると便利だろうなとか考えながら、まわりをキョロキョロ。

おお、でも、あの方はtwitterアイコンそのまま!@powerangixさん?とか、
「迷子になっちゃった〜」と、入ってこられた方は(すみません)、もしかして@kobutako2ko2さんではないかしら?
後ろにいる方は、電子書籍特集でテレビで拝見したことがある@kumiabさんではないかしら?
とかとか、ミーハーおばちゃん的に、引き続き興奮しながら、セミナー開始となりました。

さて、主催者は、Lifehacking.jpの堀さんです。
堀さんには、今回初めてお会いしたのですが、Ustでお見かけしたことがあるせいか、フレンドリーな方だからか、初めてという気がしないことが不思議です。



セミナーの内容は、大きく以下の通りでした。

堀さん
・GTD概要
OminiFocus 紹介 (デジタルツール)
・モレスキン PigPogPDA 紹介 (アナログツール)

佐々木さん
・佐々木さん流 Toodledoを活用した時間管理術

@kazumotoさん
・@kazumotoさん流GTD



セミナー内容については、既に@powerangixさん@kobutako2ko2さんが詳細にレポートされていますので、そちらをご参照いただくことにして、個人的に、ビビっときたポイントのみのレポートです。


■GTD概要

GTDとは、現状に変更を加えなければならないもの、今ここでしかできないものを明らかにすること。

そもそも何がしたかったのか、目的は何だったのか、例えば、本が置いてあったら、その本を使って何をするか、何のための本なのかが大事ということです。

目的というのも、「日常のタスク」をこなすだけで、満足してしまってはダメで、「プロジェクト」→「コミットした責任」→「最終的な人生の目標」を実現することに意味があるというお話がありました。本当にその通り。

さて、GTD実現のためのツールですが、デジタル vs アナログではなくて、デジタル + アナログ でいいのです。
但し、デジタル⇔アナログの移し変えはしない。Actionを増やしてどうする!ってことですね。

あなたのInboxは、どこ?を常に問いかけてみる。
Inboxは、一箇所でなくていいということです。デジタル、アナログそれぞれ、一箇所くらいが理想でしょうか。


■OminiFocus紹介

GTDに準拠したツールで、デビッドアレンを顧問に迎えているそうです。
少し前に、OminiFocus良さそうだなと思ったのですが、Windows版はないのですよね。
iPhone版は既にありますが、ごく近い将来iPad版が出るそうです。(サプライズA)
本邦初、堀さんのiPadに先行導入されたiPad版OminiFocus(サプライスA´)を見せていただくことができました。

非常に魅力的な機能が満載でした。
・QuickEntry
・逐次作業、並行作業の使いわけ
・所要時間フィルタ
・Forecast
・パースペクティブ(よく使うパターン定義)etc.

今必要なActionのみの把握が可能で、将来の見通しが立てられるようです。惹かれますね。

OminiFocusのためにMacを買うのは本末転倒、余計にタスクと出費が増えるじゃないの!と思っていた私は、iPad版には期待が高まるものの。。家はさておき、会社でPCの横に、iPad立て掛けて仕事するか?というと、う〜む、ではあります。PC1台で完結するに越したことはないなあ。

渡りに船とばかりに、大橋さんより、WebベースツールのNozbeのご紹介がありました。
Evernoteとシンクできるそう。これは要チェック!


■モレスキンPigPogPDA紹介

モレスキンを使った、PigPogPDAというGTDの方法が紹介されました。

モレスキンに、以下の5枚の付箋でタブを付けて、アクションとプロジェクトを管理していくというものです。
タブは、移動させて使います。

1.Inbox     ・・・現在のaction
2.Inbox done  ・・・実行済みaction
3.Project    ・・・現在のProject
4.Project Done  ・・・実行済みProject
5.Someday / Maybe  ・・・将来のProject

ちょっと面倒くさいです(笑)
堀さんもおっしゃっていましたが、モレスキンでそのまま実現しなくても、ロディアでも何でもいいかと思います。
要は、今現在のアクションとプロジェクトを把握できればいいので、自分のアナログ環境に反映できる部分があれば、反映すればいいかなと思います。


■佐々木さん流 Toodledoを活用した時間管理術

佐々木さんは、 Toodledoを使用されているということで、ご紹介があったのですが、非常に興味深い内容でした。

コンテキストを時間帯に分けているとのこと。コンテストというと場所をイメージするのですが、時間帯というのもありなのですね。

A:9:00-10:00
B:10-00-12:00
C:12:00-14:00
   (略)
H:22:00-25:00

上記のような時間帯コンテキストに予定を入れ、タスクは30日後まで入っているというのです。
私の課題であるスケジュールへの落とし込みをここまで、しっかりやられているとは、すごい!の一言に尽きます。

執筆は、書物の節はActionに当たるとして、ToodledoのNoteに本の原稿を書いているとのことでした。

他にもフリーランスならではの視点や、「誠 Biz.ID」の「あなたの不安、見積もります」やシゴタノのお仕事の進行スケジュールが公開されていて、興味深かったです。

シゴタノは、月曜:読書、水曜:下書き、木曜:アップというスケジュールなんですって。木曜日を楽しみに待ってしまいますね。


■@kazumotoさん流GTD

@kazumotoさんより、GTDフローの問題点を指摘しつつ、Doすることが重要なのだというお話でした。
非常に深い、本質を突いたお話で、まさにその通りと思いました。

ツールは、ジョッターを使用されているとのこと。
@kazumotoさんのお仕事は、「やってしまったほうが早い」という性質のものということでした。

個々の性格とか仕事の性質とかにより、GTDもいろいろな方法があるんだなと、改めて思いました。どれが正解とかではなく、自分にあっていて、ストレスフリーな方法でやればいいのですね。

@kazumotoさんが、ブログに補足を書かれています。
GTDセミナー、私の話の補足というか言い訳




その他、雑談的部分で面白かったのが、時間の使い方について、kazumotoさんは5時半以降は仕事はしない、堀さんも6時頃には、仕事終了とのことで、私も保育園お迎えのため、5時退社してますが、そこだけみるとライフハック界の重鎮の方々と、たいして違いはないのだなと思いました(笑)

堀さんのブロガーとしての活動は、基本、9時から深夜1時の1日4時間、これを続ければ世界に凹みを入れられるとゲイリーゲイリー が言ってるそうです。



さて、Lifehacking.jp GTDセミナー「 iPhone とモレスキンで GTD システム作り」の私的まとめ。

GTDとは、現状に変更を加えなければならないもの、今ここでしかできないものを明らかにして、やる!こと。
デジタル+アナログで、自分に合った方法を追求しよう。

どうも手段と目的をはき違えがちで、実行して成果を出すことが大事なのだと再認識しました。



当セミナーは、半定期的に実施予定とのことでした。
次回はデビッドアレンの2冊目の本、Making It All Work を題材にする予定とのことです。楽しみですねー!

そうそう、モレスキンの小さなサイズをいただきました。iPhoneサイズ。かわいい!(サプライズB)
MOLESKINE モレスキン ヴォランルールドノートブック・横罫・XS・ピンク(2冊セット)



初めてのセミナー体験。サプライズてんこ盛り!かつ、和気あいあいと楽しい雰囲気でした。くせになりそうです!


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

posted by ホッシーナ at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会・オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。