2014年02月03日

【オンライン英会話】3社でレッスンを受けた私のオンライン英会話会社を選ぶ6つの基準


このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン英語ですが、これまで、iTalk(2ヶ月)レアジョブ(1ヶ月)ラングリッチ(10か月)の3社でやりました。

オンライン英語サービスは、本当にたくさんあるので、どの会社にしたらいいのか迷ってしまうと思います。
私が、オンライン英語レッスンの会社を選んだ6つの基準をご紹介します。

1.受けたい時間帯にやっているか?

自分のやりたい時間帯でサービスを提供しているかということです。帰宅が遅くて夜12時くらいにやりたい方は、その時間にやっている会社を選びます。
私は、朝5時からやりたかったので、5時にやっているところにしました。iTalk、レアジョブ、ラングリッチ、いずれも5時からやっています。
フィリピンと日本の時差は1時間です。日本が5時だと、フィリピンは4時なので、先生にしたら、超早朝です。気の毒な話です。よく眠いとか言っています。早朝手当とかあるのかな?
私は最初は、5時台にレッスンを取っていたけれど、最近は6時にしています。
5時台だと先生のキャンセルも多々発生するのです。
先生も人間だから、寝坊だってするだろうし、交通事情でオフィスに来られないこともあるでしょう。
代替の先生もいないことがあります。
朝5時にスタンバイしていて、キャンセルになると、朝からテンション下がります。
6時からにしたら、5時からやっている会社で6時なので先生のキャンセル率が下がりました。

2.先生は、オフィスからか、自宅からか

先生がオフィスに出社する会社と、自宅からの会社があります。オフィスのほうがおすすめです。
iTalk、ラングリッチはオフィスで、レアジョブは自宅でした。オフィスの場合、回線がそれなりに安定していて、まわりが静かです。
一方、自宅の場合、生活音が入ります。朝のレッスンだと、コケコッコーとにわとりの鳴く声が聞こえてきたりします。そのくらいなら、ほのぼのしますが、うるさいことも多々あります。一度、扇風機の音があまりにうるさく、「切っていただけないですか?」とお願いしましたが、妹が同じ部屋で寝ていて切れないと言われました。ゴオオオオーという音の中でのレッスンでした。
回線が途中で切れたり、安定しないことも何度かありました。
ただ、オフィスの場合も、キューブ(衝立だけで上部が空いている)だと、隣の先生の声がまる聞こえだったりします。

3.先生の質はどうか?

レアジョブは、高学歴の先生を集めていることを売りにしています。日本でいう東大出身という感じです。
特定の分野についての英語力を強化したいという場合には、先生の専攻や得意分野を選べる会社がいいと思います。一度、IT系の記事を選んだら、先生が内容が分からないということがありました。そういう場合、IT専攻の先生を選ぶとよいです。
レアジョブは、先生を条件検索できるので便利でした。
ビジネス英会話をやりたければ、お勤めの経験がある先生を選んだほうがいいですね。どのサービスも先生のプロフィールは参照できるようになっていました。
プロフィールを見ると看護師さんがとても多いです。命に係わる仕事なので、英語での意思疎通に問題があってはいけないと看護師は高い英語力を要求されるのだそうです。看護師免許を取るのに、英語の教育資格も必須と聞いたことがあります。なので、看護師の先生を選択しても英語力は問題ないと思います。

4.カリキュラム、教材はしっかりしているか?

カリキュラムや教材が用意されているところは、事前に自分がやりたい内容が用意されているか確認したほうがよいでしょう。
高い英語力があれば、教材が用意されていなくても自分でレッスンを組み立てていけばいいのでしょうが、私は、そうではないので、決まったカリキュラムや教材が用意されているほうがいいと思いました。レアジョブは、毎日、ちょうど25分のレッスンにちょうどよさそうな記事がアップされます。
ラングリッチは、初級英会話、ビジネス英会話、発音、記事等が用意されているのがよいと思いました。私は、ラングリッチのビジネス英会話のテキストを全部やりました。

5.フィードバックのしくみがあるか?

iTalkは、生徒の成績表がありました。1ヶ月に一度、Speaking、Reading、Writing、Listeningの4項目について、先生からの評価があります。
力がついているのかどうか自分では実感しずらいので、とてもいいサービスだと思います。自分の弱点も分かるし、スキルアップした部分も分かります。ぜひ、他でもやって欲しいです。

6.英語のみか 日本語ありか?

英語のみと日本語を話す先生がいる場合もあります。子どものオンライン英会話レッスンで、日本語と英語まじりの無料レッスンを受けたことがあります。
外人の話す日本語なので、聞き取りが難しく、何が英語で何が日本語で話されているのか判断できず、混乱していました。私は、英語のみのほうがいいと思います。
日本語で教えて欲しいという場合は、日本語ありのサービスを選択してください。


無料レッスンを提供している会社が多いので、まずは、受けてみるのがいいと思います。
だいたい1ヶ月ずつ更新なので、とりあえず1ヶ月やってみて、合わなかったら別の会社でやってみて、自分に合う会社を探していくことも可能です。私もそうしました。
今後もやりたいことが変わったら、変える可能性もあります。

いずれにせよ、とても安価にレッスン受けられるので、自分に合った会社を探してみてはいかがでしょうか?

他の方がオンライン英会話どう使っているのか興味があって読みましたが、すごく参考になりました。





RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。