2012年11月06日

鎌倉フォトウォークで子供にカメラを持たせて気づいたこと


このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、鎌倉にフォトウォークに行きました。よいお天気で、気持ちよくお散歩しました。

image-20121106143519.png


私は娘と共に参加。娘にカメラを持たせたのは、初めてでしたが、喜んでパシャパシャ撮りまくっていました。

息子にはカメラ触らせてたけど、娘は特に興味しめさなかったので、カメラに興味があるとは思ってなかったけど、結構好きみたい。

「いいな!」と思ったら撮ってねと言うと、「分かってる!」と撮っていました。

後で娘の撮った写真を見て、気づいたのですが、当たり前といえば当たり前だけと、娘の視線は低い。

いろんなものが低い視線でとらえられてて新鮮でした。

私の写真も下から撮られてる。

下からみると、私はとても大きい。
背は高いほうですけど、とてつもなく大きく、巨人のようにそびえ立っている。

大人の感覚だと2メートル50センチくらいの巨人のイメージです。

娘は、二人目で要領がよく、私が怒ることは、あまりない。たまに、怒られると、自分が怒られたことに驚いて固まり、泣き出す。

怒られ慣れてないからねー、と思ってたけど、娘の視点から見ると、「まるで巨人」から本気で怒られたら、怖かったでしょうねぇ〜と同情してしまった。


もっと小さな頃は、子供の視線で話すのを気をつけていたけど、最近は全然気にしていなかった。子供の視線で話そうと思い起こさせてくれました。

子供の視線を知るには、カメラ持たせてみると、いいですよ。何が好きなのか、何考えてるのか、少し分かりました。


RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300608934

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。