2012年07月21日

Kobo Touch 届いて2日経過の感想。読書データ、バッチなど、電子書籍って楽しい!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Kobo到着の日の記事でコンテンツが少ないと書きましたが、徐々に増えていっているような感じもします。
メニューが少しずつ増えているようです。

電子書籍 koboでの先行発売の10冊です。by デジカルさん
とのことで見たら、お知り合いの本が多数ありました。
コンテンツが少ないと思ったものの、実際はあるのかもしれないです。
ただ、検索が弱いような気がします。お宝が埋もれている疑惑を感じる。
検索機能強化頑張って下さい!

寝姿かわいいよ↓
2012-07-20 07.28.20.jpg

使い始めた感触ですが、いいですねー。
小さい!軽い!iPhone感覚で持てます。

■最初違和感を感じる部分

初めての電子ペーパーの端末で、慣れていないので、違和感を感じる部分がありました。
電子ペーパーのページをめくる時の、パッと消えてパッと表示されるのにドキっとします。
iPhone、iPadでは、スルリとページめくりされるのとは、表示の仕組みが違うのですよね。
でも、すぐ慣れます。

また、ちょっと違和感があったのが、スリープや電源オフ状態でも読みかけ本の表紙が表示されていること。
iPhone、iPadで電源オフの時は画面表示がないのに慣れているので変な感覚です。
これは、設定で変更できました。

設定→スリープモード&電源オフ→本の表紙を表示をオフにする。
2012-07-21 10.35.25.jpg

ひょっとすると、読みかけの本が分かるという意味で、表紙が表示されていたほうがいいのかもしれません。
普通の本も表紙がありますから。

■読書データが楽しい

電子書籍ならでは!と思うのが、読書データ。
読書中の本の「平均読書時間」「読んだ時間」「読んだページ数」が表示されています。
2012-07-21 06.42.43.jpg

平均読書時間がとても短いのが、隙間時間で読んでいるというのが分かります。
ちょっとした隙間時間に読むことができるのがいいです。

読んでいる本の既読割合も表示されます。
本の厚みがないので、どこまで読んだかというのは、既読比率で把握することになります。
パーセンテージは、読んでいるページにも表示されます。

「コンプリート」では、「読んだ本の数」、「総読書時間」、「ライブラリ読了率」が表示されています。
簡単に時間も分かるというのがいいですね。

「ライブラリ」というのは、自分の本全体です。
簡単に積読ぶりも把握できます。全部読むぞ!という意識付けにもなりますね!

デジタルなので、もっといろいろなデータの見せ方ができると楽しいと思います。
どの時間帯に読んでいるのが多いかとか、どんなジャンルが多いのかとか等々。

そして、何冊が本買ってみた後も、相変わらず「おすすめはありません」とのことで、しょんぼり。
とりあえず、何でもいいから試しに何かすすめて欲しい。

■Facebookに連携できるバッチが楽しい

バッチの機能があり、Facebookに連携できます。Foursqureのバッチみたいです。
2012-07-21 10.38.13.jpg

2時間連続で読書しましたと言われました。
2012-07-21 10.38.36.jpg

どうせなら、それって何の本?いつ?というのを分かるようにしてほしい。

ハイライトや辞書をたくさん使ったらもらえるバッチもあって、では使ってみましょうかという気にもなります。

バッチ以外にも、文章の一部をFacebookに連携する機能もあります。また、試してみますね。
今までいちいち書き写していたのが、楽になりますね。
Evrenoteへの連携もできるようにして欲しいな。

■読書管理が楽しい

当然、読書管理も簡単です!
2012-07-21 11.11.29.jpg

私は、普通の本の管理は、メディアマーカーを使っています。
最初、メディアマーカーにKoboの読書履歴を追加しようと思ったけれど、むしろ、メディアマーカーの読書履歴を電子書籍側に移行するという方向が正しいのかもしれません。
今のところ、そういう機能は見つけていないのですが。

月間読書冊数や金額の実績管理などもできるはず。
今のところ、いくら買ったのかが簡単に確認できる方法が分からず、ちょっと不安。
お金払った感覚なしに買ってしまう可能性が。。。使用金額の上限が設定できるといいですね。

いつぶりか分からないくらい久しぶりにマンガ買ってしまいました。
「あさきゆめみし」があったら大人買いするよと思ったら、普通にありました。マズイ(汗)

年代毎の懐かしのマンガとか表示されたら、買っちゃうだろうな。。。
そんな機能も電子書籍ならば簡単に実装できるでしょう。



使って2日ですが、「昔は『紙の本』があったんだよねー」という時代が来るという感触を得ています。
普通に、1人1台電子書籍端末の時代になると思う。

ちなみに子供の本もあるので子供に持たせるのもありだと思います。
Kindleが一万円以下で売り出したら、Koboを子供用にして、Kindle買おうかと企んだり。
Amazonではたくさん本を買っているので、Kindleでその履歴を活用できるとしたら嬉しい。

Kobo生活。想像以上に楽しいです!
みなさんもKoboデビューいかがですか?



結局、読んでます。


全巻買うことになりそう。


全巻買うことになりそう。その2


関連エントリ
Kobo touchが届きました。「読書に革命を」お願いします!コンテンツの拡大に期待!
電子書籍、iPadに興味がある方、必聴podcast『日刊徒然音声雑記』スキマ時間アウトプット
電子書籍ならば、名入れ絵本ギフトも簡単?
RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
タグ:kobo Touch
posted by ホッシーナ at 11:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
機器としては良さそうで、楽しそうなところはいいのですが、本来の読みたい物が無いというのが、最大の問題ですね。
Posted by fk0301 at 2012年07月21日 12:35
確かにそうです!

読みたい本があれば、マンガなど買わないですね。

なんとか電子書籍業界盛り上げて欲しいです。
Posted by ホッシーナ at 2012年07月21日 14:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。