2012年06月18日

タスク管理な一日。第1回TaskChute友の会&第2回タスクセラピー タスク管理界が熱いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
今日はタスク管理な一日でした。
午前中は、第1回TaskChute友の会、午後は第2回タスクセラピーでした。

■TaskChute友の会

TaskChute友の会は、マロさん(@maro_draft) さんが発起人で、以下の皆さんで開催しました。


@maro_draft
@toyu3
@miku8
@keiji_kk
@ever_log
@fk0301
@makiterasaki

TaskChute友の会 開催します(月刊たすかん6月号) - たすかん
http://taskviewer.posterous.com/taskchute-6

TaskChute友の会が開かれます
http://toyu3.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

TaskChuteを既に使っている、これから使おうとしている方のTaskChuteの互助会です。
講師はなく、フラットな関係での情報共有の場です。

最近イベントに行くと、MBAがずらっと並ぶことが多いのだけど、TaskChute友の会は全員Windows。
これはこれで新鮮です。

他の方がどう使っているのか見せていただく機会はなかなかないので、みなさんのカスタマイズの方法とか、タスクの粒度など、非常に参考になりました。

今後のアウトプットとして、誰もが通るであろうつまづきポイント、困ったことなどに対する回答を蓄積していくことを考えています。

第2回TaskChute友の会は、6/30に開催されます。

第2回TaskChute友の会のご案内(月間たすかん 6月号-2)

第2回ご参加の申し込みはこちらから。
初心者枠申し込み

■第2回タスクセラピー

第1回も盛況だったタスクセラピーの第2回です。

今回のアジェンダ。
講義1(佐藤圭二さん)
講義2(よしなさん)
講義3(佐々木正悟さん)
コーチングタイム1
コーチングタイム2


■佐藤圭二さんのお話

やればできるんだけど、とりかかれない例として掃除を取り上げ、タスクの分解の話をされました。
タスクをどういう基準で細かくするかというと、実際に動けるかどうか?となります。

「掃除をする:60分」というタスクではなくて、「ゴミをゴミ箱へ:5分」というタスクの登録をするようにするといいというお話です。

そんなに細かくするのは面倒と思うかもしれませんが、細かくしたほうが、実際は楽なのですよね。
やってみると実感されると思います。

■よしなさんのお話

よしなさんは、タスク管理歴20年とのこと。(タスク界には、何十年単位でやられている方がいらして驚きます。)

プレイヤー、リーダー、マネージャーの三役をこなし、月300時間の残業をゼロにし、チーム残業なし5か月達成しているという経験に即したお話でした。

職場のコミュニケーションをタスク管理する」という内容で、
見積もり通りだと、部下からの報告率100%だとか、
部下係数:自分が一日で終わる仕事を部下はどのくらいで終わらせるか?を設定し見積もりをしているというお話が、面白かったです。

問題が起こりそうな時刻を予測して、逆ホウレンソウ(部下に声かけする)を行っているとのこと。
上司がメモを取れば部下も取るなど、よしなさんがあるべき姿を行動で示しているというのが、すばらしいです。
よしなさんみたいな上司いいよねー。

■佐々木さんのお話

「やる気」と「苦痛」のお話で、いくつのも事例を示していただいたので、非常に分かりやすかったです。

賞賛が得られる勝算がないと、やる気は苦痛に変わる」ということで、勝算を確実にする、問題が解消できるという状態にすれば、よいのです。

そこで、勝算を高めるタスクリストの作り方ですが、
・チェックリスト =可能な行動を書く、無駄のない手順で書く
・タスクリスト =可能な状況かどうかを検討する
・プロジェクト名 =解消すべき不満を覚えておく


大橋さんが「チェックリストでロボットを作るんです」と言われたそうですが、自動化が、精神力のコストダウンにつながるとのことでした。
ロボットが自動的にやる状態にすると、楽だし速いし、間違いがない。成熟している人は絶対やっているといいます。
私は、全てのタスクにチェックリストを作っていないので、作ろうと思いました。

あと面白かったのが、プロジェクトに人名を入れるということ。
自分のため、家族のため、誰のためという人名を入れると、誰のどんな不満をいつまでに解消すべきかが分かるといいます。
締切日=相手の不満を解消する日で、人名が特定されることで、よりタスクが具体化詳細化されます。
これも試してみようと思います。


■コーチングタイム

それぞれの島に分かれてのコーチングタイム。
私は、TaskChute初心者の方を対象にコーチを担当させていただきました。
実際に使っているtaskchuteを見ていただきながら、操作方法やタスクの例を見ていただきました。
参加者の方には、途中、席を移動でき、いろいろなお話を聞けてよかったのではと思います。


さて、タスクセラピーは、今後も月1回のペースで開催されます。
ご興味をお持ちの方は、是非ご参加下さい。
次回は、なんと大橋さんがお越しになるそうです!

タスクセラピーのブログも出来ました。タスクセラピーのお知らせやコーチ陣のブログ記事を一覧できます。
よろしくお願いします。
http://tasktherapy.jp/

TaskChuteダウンロードはこちらから。


関連エントリ
第1回タスクセラピーにて、「タスク管理のメリット」についてお話させていただきました。(スライドシェアします)



RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | タスクセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。