2012年04月16日

”なりたいママ像”が時間配分を決めるヒント。「働くママの時間術」


このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事も子育ても自分もうまくいく! 「働くママ」の時間術の中で、グッときた部分。

成人した子どもにどんなママだったと言われたいのか」と考えるのが、時間配分を決めるうえでの大きなヒントになっています。


P1000446.JPG


子どもとの時間を考えるうえで危険なのは、世間の「いいママ」、「理想のキャリアウーマン」像に振り回されてしまうことといいます。

でも、ベストな子どもとのかかわり方や時間の作り方は、ママや子どもの性格によって、人それぞれ。しかも子どもの年齢や環境によっても、どんどん変わっていくので、世間を基準にして決めてはいけないといいます。


著者の馬場さんは、ご自身のことを、正直、子どもとべったり一日家で過ごすのは苦手なタイプといいます。家で仕事をする時は子どもがいると集中できない、月に一度は、一人で外出する時間を作っているそう。

そんな馬場さんは、子どもが成人したときには、「ママは、だらだらしているところがあるけど、いつも人生楽しんでいたよね、自分もママみたいに、楽しく仕事をしたらい勉強したりする大人になりたい」と思ってほしいそう。

お友達は「ママはいつもで自分のそばにいてくれた」と言われたいそうです。

ホントに人ぞれぞれですよね。

私自身が、母のことをどう思っていたのか考えてしまいました。そして、私は、子ども達にとって、どんなママになりたいのか考えました。

私の母は専業主婦でしたが、私が高校2年くらいの時、父の会社の関係で働くようになり、外で働くということで本当にイキイキとしてきて、当時「私も働く女性になる!!」と思ったのを覚えています。働く前も、社交的で多趣味で楽しく暮らしていたと思いますが、働くというのは全然違うというのを目の当たりにして驚いたのを覚えています。

私も馬場さんに近いですね。「楽しんで仕事して、いろんなことにチャレンジして、いつだって子ども達の味方で守ってくれる。ママみたいになりたい」と思われたい。

こうやって考えると、何に時間を使うべきか、時間配分を考えることができますね。

一度、ゆっくり、自分にとっての”なりたいママ像”ってどんななのか、考えてみるといいですね。
そんな働くママにとってのヒントがたくさんの本。仕事も子育ても自分もうまくいく! 「働くママ」の時間術 オススメです。



関連エントリ
復職後のママ必読!働くママの知恵と経験が凝縮「働くママの時間術」
【働くママの時間術】ママも「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
【働くママの時間術】時間を効率的に使うためのタイムスケジュール組み立て方
【働くママの時間術】自分のことは自分でやってもらう作戦
【働くママの時間術】楽ちん家事のための便利グッズ
【働くママの時間術】隙間時間を活用しよう
【働くママの時間術】一歩進んだマルチタスク




RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 06:31 | Comment(4) | TrackBack(1) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2回にわたっての紹介記事ありがとうございます。
この成人したときにどんなママでいたと思われたいかは、自分が母をどう思っているか、また親族が子どもの時母親をどう思っていたかの話を聞いて考えました。

私は夫とともに子どもたちに大人って楽しいことがいっぱいあるよというメッセージをたくさん送って、これからを楽しみにする、人生を楽しむことを伝えたいなと感じています。

私の母は私がある程度大きくなってから働き始めたのですが、やっぱり働いているときすごくいきいきしていますね〜

Posted by 馬場じむこ at 2012年04月24日 12:57
2回にわたっての紹介記事ありがとうございます。
この成人したときにどんなママでいたと思われたいかは、自分が母をどう思っているか、また親族が子どもの時母親をどう思っていたかの話を聞いて考えました。

私は夫とともに子どもたちに大人って楽しいことがいっぱいあるよというメッセージをたくさん送って、これからを楽しみにする、人生を楽しむことを伝えたいなと感じています。

私の母は私がある程度大きくなってから働き始めたのですが、やっぱり働いているときすごくいきいきしていますね〜

Posted by 馬場じむこ at 2012年04月24日 12:59
じむこさん、またまたコメントありがとうございます!

じむこさんのおっしゃる通りですね。
子どもたちには、大人っていいな、早く大人になりたいと思ってほしいですよね。

やっぱり、働くママは、いきいきしていますよね。

いきいき輝くママが増えると楽しいな。
じむこさんのご本は、いきいき輝くママの支えになる本だと思います!
Posted by ホッシーナ at 2012年04月25日 12:48
おはようございます。働くパパの視点で同じ書籍を読ませてもらいました。
>「成人した子どもにどんなママだったと言われたいのか」
僕もここは響きました。
働くパパが読むとママの大変さが伝わる一冊です。家事を手伝っていますが、もうちょっとだけ気遣いを増やそうと思いました。
Posted by 岡本大輔 at 2012年10月14日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

働くママと共働きのパパに読んでほしい一冊を紹介します。
Excerpt: おはようございます。岡本大輔です。本日の紹介はこちらです。↓↓↓ 仕事も子育ても自分もうまくいく! 「働くママ」の時間術 馬場じむこ 日本実業出版社発売日:2012-04-12ブクログ ...
Weblog: 読書判定ブログ〜この本を〇〇に表現したら△△になる〜
Tracked: 2012-10-14 05:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。