2012年02月08日

育休後ママにもオススメ 『「うつ」とよりそう仕事術』


このエントリーをはてなブックマークに追加
着眼点のユニークさ、鋭い切り込み、豊かな文章表現で楽しみにしているブログ「Find the meaning of my life.」の酒井さんのご本のご紹介です。

「うつ」とよりそう仕事術』という本です。

すてきな装丁ですよね。


うつ病は2008年に104.1万人、9年間に2.4倍に増えているそうです。( 同書)
自分自身や身近な方が患ってもおかしくない病気です。



酒井さんと初めてお会いしたのは、Lifehacking.jpのセミナー
私は、初セミナー参加でドキドキ。酒井さんと同じ机に座らせていただいたら、
「こんにちは」と優しく声掛け下さり、緊張が解けたのを覚えています。
そして、そのセミナーでは酒井さんも登壇され、GTDの本質をついた鋭いお話をされました。


『「うつ」とよりそう仕事術』は、うつ病による二度の休職の後、復職された酒井さんの経験に即したビジネスを進める上での小さな工夫をまとめた本です。

私は育児休職で二年半休職しています。二人続けて産んだための長めの休職です。
復職後は、完全に浦島太郎でした。会社が変わっていた、会社体制が大幅に変わっていた(黒船襲来レベル)、 マネージャーが変わっていた、私自身の職種、勤務体制を変えたといろんなことが変わり、子供も2歳と0歳で手が掛かり、毎朝、栄養ドリンクをぐびっと飲んで気合いで出社していました。


酒井さんのご本には、復職後に役立つ具体的な42個の工夫が詰まっています。このような本は、これまでなかったのではないかと思われます。うつ病ではなくても、復職する際に大いに役立つ工夫が詰まっています。

ステップ1 生活編 復職までにしておくこと
ステップ2 基本編 仕事に対する考え方を改める
ステップ3 復職でできる小さな工夫
ステップ4 うつと付き合う小さな工夫


42の工夫の中から、(復職後の)働くママにも参考になる部分を3つご紹介します。


職場でできなくなったことを嘆かない

復職後、以前と同じように働けず、こんなはずじゃないと 自分を責めてしまうことが私にもありました。

そんな場合には、「開き直る」ことがどうしても必要ですとあります。なかなか難しいことですが、具体的には、上司なり権限のある人に直接面談の機会を、もらい卒直に説明するとあります。

できる範囲でベストを尽くすようにしたいです。


気分に合わせた対処方法を用意しておく

気分に合わせたコンテキストを用意しておくとのことです。コンテキストは、通常は、場所、ツール、人等で設定しますが、気分を作っておきます。
  @うつっぽいとき
  @喧嘩したとき

このようなとき、やることを書き出しておけば 、冷静に対処できます。

通常と違う気分になってしまったとき、気分のままに自分をコントロールするのではなく、タスクで自分をコントロールするほうが明らかに精神的な負荷を下げられますね。

困った自分取扱説明書を作っておくといいです。

働くママであれば、こんなコンテキストを用意しておくといいですね。
  @子供がどうしてもいうことを聞かないとき
  @育児に疲れたとき

具体的な内容としては、ママ友飲み会セットですかね?(笑)


重要な仕事にフォーカスする

無駄なことをいくら効率的にやっても、それが重要 になることはない
たとえ多くの時間を費やしても、それが必ず重要な仕事になるとは限らない


ラクに早く「無駄なこと」をやっているだけの余裕はありません。「どうやってやるか」も大切ですが、「何をやるか」とともに、「やらないこと」を決めることがはるかに重要とあります。

まさに復職後ママにも役立つ工夫です。限られた時間の中で、本当にやるべきことは何かを見極める必要があります。


他にもたくさんの工夫があります。いずれも実際の経験からか、具体的で実行できるように詳しく記載されていますので、役立ちます。

私も復職する時、このような本があったら良かったと思いました。

私は、大変なことも、つい、気合いで乗り越えようとしてしまうのですが、しくみを作れば、ちょっと大変な復職期を乗り越えることができそうです。



おまけ

昨年末、酒井さんの出版記念パーティが開催されました。ご本人に内緒のサプライズパーティ。楽しかった♪
IMG_4598[1].JPG

ご本の中に出てくる奥様とのエピソードはウルっときてしまいましたが、やはり素敵な奥様でした( ´ ▽ ` )ノ






RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。