2012年02月07日

『聡明な女たちへ』 なんでアンチなのよ、エイジングしちゃ悪いってわけ?


このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日は、アンチエイジング+というアプリをご紹介したのですが、アンチエイジングに関して、桐島洋子さんの『聡明な女たちへ』に書かれた文がよかったので、ご紹介。


なんでアンチなのよ、エイジングしちゃ悪いってわけ?

骨董は勿論のこと、ワインもチーズも味噌もヴァイオリンもエイジングによって味わいを深めるのであり、若さなんて何の自慢にもならない。


small_4248760387.jpgアンチエイジングという言葉に違和感を持っていたので共感しました。

アンチエイジングを日本語にすると、「抗老化」「抗加齢」
アンチというのは抵抗するということ。「抵抗」というだけで、なんだか疲れてしまいます。
年を取ることに対して、無理な力を掛けなくいいのではないかと思っています。
無理したら、その反動が来ると思ってしまいます。

桐島さんは、アンチではなくプロエイジングと言っています。プロは、「前へ」という接頭語。エイジングをもっと前向きに肯定的に捉えて生きていく。
老化じゃなくて熟成しているのです。堂々と生きよう。

イメージするのは、ヨーロッパのマダム。
多少しわがあっても、かっこいい女性がいるよね。そういう人になりたい。

私はEvernoteに、こんな女性になりたいというのをクリップしています。
素敵に年を重ねている女性をお手本にしたいです。
なりたい.png


桐島さんの本ですが、他にもぐっとくる言葉がありました。

シェイプアップの目安は、好きな男の前を裸で横切れるかどうか


確かに!

婦人科の検診を恥ずかしがるのは、幼稚すぎて羞恥心とさえ言えない


そうよね。


かっこいい大人の女性になりたい方にオススメの一冊です。




時々、立ち読みする50代女性の雑誌。


photo credit: Zanthia via photopin cc

関連エントリ
【iPhone】実年齢と比べてどうなの?『アンチエイジング+』
女子的Evernote活用法 こんな髪型クリップ #GHack



RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当サイトは女性がいかに安心安全に楽しんでもらえるかを重点においてます。セキュリティ対策は勿論女性スタッフによる24h体制のアフターケアなどプライバシーも万全の体制で管理しております。今バレンタインキャンペーン期間中なので女性男性共にこのURLから無料登録していただくとポイントプレゼントさしてもらっています。
Posted by 幸運の出会いNAVI at 2012年02月08日 04:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。