2012年02月01日

【働くママの時間術】ママも「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!


このエントリーをはてなブックマークに追加
働くママが時間を生み出す仕組みについて、何回かにわけて書きたいと思います。

母親になって7年目。いまだ試行錯誤の日々ですが、少しずつ改善できたことについて、シェアできたらと思っています。

IMG_3315[1].JPG

2008年から「朝4時起き」生活をしています。疲れている時などは、睡眠確保するためにもっと寝ることもありますが、基本的による子供と一緒に寝てしまって、朝早く起きる生活です。
■「朝4時起き」前

子供を寝かしてから、家のこと、仕事、自分のことをやろうと思っている。
→10時頃 子供の寝かしつけ
→子供なかなか寝ない(とっとと寝かしつけて、あれやろうこれやろうと考えていると察知して、かえって子供は寝ない)
→子供やっと寝た。というか自分も爆睡(>_<)
→3時頃 「はっ、寝てもうた!」と起きる
→いろいろやって、5時頃寝る

こんな生活で、本当にヘロヘロでした。
常に口内炎ができている。唾液を飲み込むのも辛いような口内炎をよく作っていました。
毎日、栄養ドリンク飲んでいた。

風邪をひきやすい。肺炎になった。新型インフルエンザにもなった。

小さい頃は子どももよく体調を崩しましたが、子供の看病の後、必ず自分もダウンしていました。
体力には自信があったのに、全く自信がなくなりました。

週末が待ち遠しい。だけど、週末には外出する気力も体力もない。

睡眠時間としては6時間くらい確保したとしても、睡眠の質がよくないので、全く疲れがとれませんでした。


■「朝4時起き」後

ある時、子供と一緒にしっかり寝て、朝早く起きたら、すごく疲れがとれたのです。
熟睡できて、朝すっきり目覚めて、静かな時間に自分のこと家のことをやる。
これはいい!と思いました。

こちらが寝るという気持ちでいると子供もそれを感じて安心してすぐ寝るので寝かしつけも簡単になりました。

前程、風邪をひくこともなくなりました。
朝の時間にランニングも始めました。
朝勉強をしたり、自分の時間も確保できるようになりました。
少しずつ色が変化していく朝焼けの空を見るという楽しみも出来ました。

朝時間を充実して過ごせると、生活の満足度が上がります。


育児疲れを感じるなら、睡眠を見直してみるのは大切です。
子供が小さければ、夜中に何度も起きたりして、親も眠れないので、睡眠が十分に確保できないですよね。
睡眠時間で測るのではなく、本当に疲れがとれているかどうかで、睡眠を見直してみて下さい。


このアプリで自分の眠りについて知ることができます。

Sleep Cycle alarm clock 3.0.1(¥85)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ
販売元: Maciek Drejak Labs - Maciek Drejak Labs(サイズ: 7 MB)
全てのバージョンの評価: (7,120件の評価)



睡眠時間は、こちらでつけています。

ねむスタ 5.01(無料)App
カテゴリ: ライフスタイル, ヘルスケア/フィットネス
販売元: Paraches Lifestyle Lab. - shinichi teshirogi(サイズ: 1.2 MB)
全てのバージョンの評価: (23件の評価)



ねむスタで記録するとねむログに反映されます。
私は、週次で睡眠時間をチェックしています。

http://www.nemulog.jp/


朝4時起きのバイブル?


こちらは働くママのすごい早起き本。


朝活手帳使ってます。





関連エントリ
早起き生活『朝2時起きで、なんでもできる!』
『「朝4時起き」ですべてがうまく回りだす!』
「早起き生活」専属パーソナルコーチ感覚アドバイス
最近寝られないので、SleepCycleを試したら、自覚している睡眠パターン通りで驚いた。
【TOEIC勉強法】 朝4時起き2ヶ月で120点アップした方法(当時の手帳のメモあり)




RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 働くママの時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。