2011年11月29日

ライフハック女子部 Vol.9 一周年記念「一流プロ写真家による一日限定の写真講座」 #GHack


このエントリーをはてなブックマークに追加
ライフハック女子部は、おかげ様で11月で一周年を迎えることができました!

普段はUstreamを使ってオンラインの勉強会を行っていますが、一周年を記念し11月27日(日)にリアル会「一流プロ写真家による一日限定の写真講座」を行いましたので、レポートします。

講師は、プロカメラマンの菅原ヒロシさん。
菅原ヒロシさんのサイト。http://www.hiroshisugawara.com/
菅原さんサイト.png
ポートレイトや広告写真を多く手掛けていらっしゃいます。

菅原さんのブログ。菅原ヒロシ's blog  -Let's go away for awhile-
写真は言うまでもなく、エッセイもステキです。




さて、写真講座ですが、カメラマンというのは、アシスタントとしてプロの方について技を盗むということが多いらしく、こういった形でプロカメラマンの方に直接お話しを伺うことができる機会というのは貴重なのです。

菅原さん
P1010332.jpg
(黄色くてごめんなさい。何故、黄色いかは後程。)


菅原さんとお話させていただいて感じるのは、光に対するこだわり。今回、講座の中で撮影会を行いましたが、事前に菅原さんから確認されたのは、会場の「光」でした。「いい感じの光が入るのかな?」うーーむ。食事がおいしいかとかは覚えているのですが、、、、光はどうでしょう??(汗)

写真講座の中で、写真を構成するものとして、以下があるとのお話でした。
1、光と影
2、構図

よく雪国には、雪を表現する言葉がたくさんあると言いますが、菅原さんも光に対するこだわりから、光や影に関する言葉を沢山お持ちなのだなあと感じました。当日の光が「秋のやわらかい光」「ななめに差し込んでいる」「茶色の影」などなど。私は、影の色なんて気にしたことがなかったです。

構図にはセオリーはあるけれど、自分がどう切り取るかが大事ということでした。


写真を撮る時に大切なのは、「自分が何を感じているのか?」ということ。

写真を撮りたいと思ったということは、何かを感じたから。今、何故、撮りたいと思ったのだろう、何をいいと感じたのだろうと、ちょっと立ち止まって考えてみる。「感じる」ということをもっと大切にしたいと思いました。

私がどんな場面を撮りたいと思うかと振り返ってみると、朝陽や空がきれいとか、紅葉がきれいとか、子供がなんか可笑しなことやっている、これってかわいい、おいしいとかとか。。いろんなこと感じているんだなと思いました。

いろんなこと感じて生きていることに気付いて幸せだな〜なんて思ってしまいました。


もう一つ、とても印象に残っているのが、「ストーリーを切り取る」ということ。

当日は、菅原さんが撮影された写真について一枚一枚、お話を伺うことができました。その人、その家族には、物語があり、その一瞬を切り取る。そういう写真には、ストーリーがあるので、その一枚から、後であの時はこうだったと話が広がったりするそうです。

菅原さんは、写真にタイトルを付けることはないそうです。写真を見れば分かるというか、タイトルがなくても、そのストーリーを写真が語ってくれるのですね。


ふと、父を思い出しました。写真好きで、今もいつも写真を撮ってくれています。そういやデジタル一眼も早い時期に入手してました。

小さな頃の写真で、あんな写真あったなと思い出す写真があります。父は何を感じて撮ってくれたんだろうと思います。当時はフィルムだから、今より一枚一枚の重みがあります。子供の頃のアルバムは、実家に置きっぱなしのですが、今度帰省したら、アルバム引っ張り出して見てみようと思いました。


菅原さんのお話の後には、参加者全員で撮影会をしました。菅原さんにも皆と一緒に撮っていただき、最後にプロジェクターに写していただきました。写り込みを使った人物写真やセルフポートレイトとか、想像もしていなかった写真の数々で、さすがプロカメラマンと思ってしまいました。同じ空間同じ時間でも、切り取るもの、切り取り方が違うというのがとても興味深く、柔軟な視点に驚きました。


今回の写真講座を通じて感じる自分をもっと大事にしたいなって思いました。ちょっと写真が変わる予感。。写真を撮りたくてウズウズしています。



皆さんが帰られた後、みんなの写真を撮ろうということになったのですが、私のカメラでお店の方に撮影をしていただきました。
これがその時の写真。
ライフハック女子部集合写真.jpg

ここでも、さすが菅原さんと思ったのですが、「テーブルから顔を出して撮ろう」と。えぇ?そんなのあり!なんですね!!


ここで、撮っていただいた写真がどうも黄色い。ホワイトバランスを直したらいいんじゃないとのことだったのですが、ホワイトバランスって、どうやって直すの?(汗)いろいろ触っても分からない。菅原さんが、ほら、ここでと直して下さいました。

メニューにあるかと思ったら、そもそもWBって書いてある部分があった!
IMG_3456[1].JPG
そんなことも知らなかった自分が恥ずかしい。

でも、教えていただいて良かった!これから、一生黄色い写真を撮り続けるところでした(>_<)


カメラの使い方とか基礎的なところを勉強して、第2回写真講座を開催したいと思っています。
今度は、写真とシンハー(ビールね!)の会にしようかという話も出ていますよ。桜のきれいな季節にでも開催したいですね。



ライフハック女子部Facebook
に、写真講座の時の写真を掲載しています。
コボリさん(@kobutako2ko2)のレポート
第9回 ライフハック女子部一周年記念イベントレポート【一流プロ写真家による一日限定の写真講座】
Toggetter ライフハック女子部 Vol.9 (2011/11/27)【一周年記念! 一流プロ写真家による一日限定の写真講座】


■関連エントリ
「東京林間学校」(親子カフェイベント)に行ってきました。

■これまでのライフハック女子部のレポート

ライフハック女子部 Vol2 家事ハック大賞発表!
ライフハック女子部Vol3 iPhoneでライフスタイルはどう変わったか? #GHack
ライフハック女子部 第4回 GirlsTalkは、 「手帳」で盛り上がりました #GHack
ライフハック女子部 理想の手帳(ほとんど妄想)
ライフハック女子部 Vol.5「習慣」5/8(日)10:30頃〜 特別ゲスト大橋悦夫さん #GHack
ライフハック女子部 Vol.6レポート『iPadの楽しい活用法』 #GHack
ライフハック女子部 Vol.7レポート『ワークライフバランス』 #GHack
ライフハック女子部 Vol.8『ダイエット』細マッチョ 太郎さんにお話を聞いたよ #GHack

■ライフハック女子部関連サイト
ライフハック女子部 Twitter
ライフハック女子部 Facebook
ライフハック女子部 Ustream
ライフハック女子部 ツイログ
The ライフハック女子部 Daily



RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック女子部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。