2011年07月03日

【iPhone ハック】iPhoneの日本語フォントをかわいくする方法 #GHack


このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、iPhoneのFit for Rhythm(F4R)というアプリを使って運動しています。Wee fitのiPhone版みたいな感じです。

iPhoneを握りしめて運動するだけなので簡単。1か月以上続いています。
TwitterやFacebookにも、運動したことを流すことができます。

私は、iPhoneの言語設定を英語にしていたので、F4Rのtweetも英語表記だったのですが、F4Rは中国版もあるようなので、なんとなく中国語版ってどんなかなと、iPhoneの言語設定を中国語に変更してみました。

日本語。
2011-07-03_1855.png

英語。
2011-07-03_1905.png

中国語。
2011-07-03_1842.png

中国語でカロリーに当たる字が上と下をくっつけたような字で、なんとなく分かるなーとか思ったりして面白かったのですが、その後、また言語設定を英語に戻しました。

そしたら、なんだか日本語フォントがかわいくなっている!



通常の日本語フォント
IMG_2291[1].PNG

かわいいフォント
IMG_2294[1].PNG

かわいいでしょう?
「て」が、下膨れなのとか、かわいい〜と思ってしまいます。
どうも中国語設定の日本語フォント(というのも変だけど)が、かわいいらしい。

一旦、iPhoneの言語設定を中国語にして、その後、英語にするとかわいい日本語フォントが残ります。言語設定を日本語にすると通常の日本語フォントに戻っちゃいます。

言語設定は、設定 → 一般 → 言語設定からです。中国語は、二種類ありますが、どちらも同じくかわいいフォントになりました。


私が、言語設定を英語にしているのは、英語の勉強になるかなと思ったからですが、英語にしたところで、全てが英語になってしまうわけではなく、メニューくらいで、twitter、Facebook、RSS reader、メール等の本文は日本語ですから、特に支障はないです。

かわいい日本語フォントで、漢字が変になったものがあります。たとえば、与えるという字。他にもあるかもしれませんので、あしからず。


妙にこのかわいい日本語フォントが気に入ってしまいました。
フォントが変わるだけで、印象がガラリと変わって新鮮です。
是非、試してみて下さい。


※言語設定をいろいろ変えていると、キーボード入力の設定が増えます。中国語のキーボード設定は不要でしたら、設定 → 一般 → キーボードで減らして下さいね。




RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
タグ:iPhone GHack
posted by ホッシーナ at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。