2010年08月01日

【R+】『つぶやき進化論』 ソーシャルノミクスの生き方


このエントリーをはてなブックマークに追加
レビュープラスさんより献本いただき、つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! を読みました。

レビュープラスさんから、ご紹介いただく本は、いつも興味深いものばかりで嬉しいです。ありがとうございます。

今回はPDFでの配布で、iPadで読みました。
前回、せっせとスキャンしましたので有難い。ご対応ありがとうございます。




『つぶやき進化論』は、Twitter、Facebook等の「ソーシャルメディア」によって、起こっていく社会変化について書かれた本です。

この変化を起こしているのは、ほかならぬ「一般人」で、普通の人が主役の経済、みんなの経済=「ソーシャルノミクス」なのです。

ソーシャルメディアは、なぜこれほどの勢いで流行しているか?というと、一番の理由は、「情報の消化不良を防いでくれるから」といいます。

現在、流通している情報量は膨大で、その上、ソーシャルメディアを利用したら、さらに消化不良を起こしてしまいそうですが、実は、ソーシャルメディアを活用することで、マス向けの情報流通ではなく、「個」に対する情報流通が可能となり、適切な情報をタイムリーに発信可能で、意義ある影響を及ぼすことができるのです。
消化不良どころか、ユーザーにとっては、本当に必要としている栄養素をタイムリーにピンポイントで与えられ、過不足なく消化できてしまうということです。


重要なポイントとして、「Facebookやソーシャルメディアで時間をつぶすと実は生産性があがる。」と書いてあります。

事例が書いてありますが、私自身も振り返ってみると、すき間時間にTwitterで入手した情報で、『できるポケット+ Evernote』読者モニターをさせていただいたり、Lifehacking.jp GTD セミナーに参加したり、Twitterで質問して、MBTを買ったり、週末プチ断食をしたりと、Twitterがトリガーになっていることが増えていることに気が付きます。

iPad購入した時に、同期に時間かかり過ぎじゃないの?と不安になって、Twitter検索をして、「なんだ、みんな同じみたい」と安心したり、Google検索ではなくTwitter検索することも増えてきました。


ボストン大学では、2013年以降は新入生に電子メールのアカウントを配布しないことになったそうです。

意識していなかったけれど、確かに、最近、Facebokのメッセージや、TwitterのDMでやりとりしていて、一度もメールのやりとりしたことがない方がいることに気が付きました。今後は、「そろばんって何?」みたいに「メールって何?」という世代が出てくるかもしれません。


本書では、個人だけでなく企業の立場で、ソーシャルノミクスをどう活用するかについても書かれています。

企業にとっては、ソーシャルメディアは顧客の生の声を把握するチャンスです。また、ソーシャルメディアを活用した開放型の双方向対話は、一方的なコミュニケーションよりもはるかに効果的といえるでしょう。

ソーシャルメディアのある世界では、まず、メッセージ戦略を決め、市場からのフィードバックを参考にしながら、戦略が正しいかどうか見直したり修正したりしても構いません。変わり続けるニーズをすぐに見つけて対応することが可能になります。

ソーシャルノミクスを企業がどう生きるか、具体的に書いてあるので参考になります。


本の中で、何度か取り上げられているメッセージに、「ソーシャルメディアライフでは何もせず過ごすより、失敗するほうがよい」というものがあります。「前に進みながら倒れよう。失敗するなら俊敏に、よりたくみに」と。


これまでなかった新しい時代です。Try&Errorでいいじゃないか、そうやって、新しい時代、みんなの経済=「ソーシャルノミクス」に向かって進んで行きたいと思わせる本です。

是非、読んでみて下さい。

つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! (East Press Business)
エリック クォルマン 竹村 詠美

つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! (East Press Business)
イースト・プレス 2010-07-29
売り上げランキング : 38814

おすすめ平均 star
starソーシャルネットワークが生みだすソーシャルノミクス
starメールよりSNS

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。