2010年06月30日

「捨てるな、うまいタネNEO」でフルーツ、野菜を見る眼が変わる


このエントリーをはてなブックマークに追加
子育てスタイルさんより、「捨てるな、うまいタネNEO」という本をいただきました。

今まで捨てていたフルーツや野菜のタネをまいてみようという本です。

冒頭に、メロン、スパイス(ディル、マスタード)、ドラゴンフルーツ、カエデ、いちご、びわをまいた様子の写真があります。

すごく興味深かったのが、ドラゴンフルーツ。
iphone 007.jpg

あの小さなタネをまくと、なんと、サボテンになるという驚き。
双葉の間から、細い刺が出てくるという。なんて可愛いんでしょ。
iphone 008.jpg


タネは生き物、生きている、お腹の中にいる胎児のようなものとのことです。そんなこと言われると捨てられなくなります。

この本では、手当たり次第にまいて、発芽を楽しもうと言っています。

ちょうど、息子が保育園で、夏野菜のタネをまいて栽培を始めたところで、興味が出てきたので、よいタイミングでした。

まずは、簡単というアボカドから始めてみます。


意識してなかったけれど、実は、お米はタネという記述があります。米は優秀な作物で、普通の作物と違って、肥料というものがあまりいらない、川の水に含まれる天然の養分で育つという。同じ場所で毎年、稲の栽培を行うことできる。一本の稲から、米は約2000粒にもなるそうです。保存も可能で、本当に優秀です。主食になるべくして、なっている気がします。

白米は、精米してあるので芽になる胚がないけど、玄米は発芽するそうです。バケツ水田が出来てしまう!

本では、タネまきに適した季節や、道具、方法が書いてあるので、誰でも楽しく気軽に「タネまく人」になれます。

夏休みの自由研究にもGood!
うちも発芽したら、twitterでお知らせします。


捨てるな、うまいタネNEO (WAVE文庫)
藤田 雅矢

4872904753
WAVE出版 2010-06
売り上げランキング : 42188
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



WAVE出版『捨てるな、うまいタネNEO』読者モニター参加中♪

 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ







RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。