2010年03月15日

ビジネス書を育児に生かす(1)子供GTD 大人も子供も『ストレスフリーの整理術』


このエントリーをはてなブックマークに追加
「ビジネス書を育児に生かす」の第1弾です。

いつも保育園から帰宅後、子供達は、ジャンバーを脱ぎ捨て、リュックを放り出し、手洗いうがいは、するものの、ジャンバーとリュックはそのままで遊び始めます。

私は、いちいち言うのが嫌だし、言わずに私が拾って片付けるのも嫌で、『うちに帰ったらやることリスト』を作成しました。

GTD.JPG

材料は、100円ショップで調達。300円也。

・ホワイトボード              100円
・マグネット×2(息子用水色、娘用ピンク)  200円
・クリアファイル    家にあったもの
 (濡れた手で触っても大丈夫なように、紙の上からクリアファイルを張ったけれど、いらないかも。)
・シール        家にあったもの
 (マグネット紛失防止のために、家にあった数字のシールを貼ってみました)


GTDの5つのステップは以下の通り。
(1)気になること全てを一箇所に「収集」する。
(2)それぞれの意味と何をすべきかを明らかにする「処理」を行う。
(3)その「処理」の結果を「整理」する。
(4)それらの行動の選択肢を「レビュー」する。
(5)選んだ行動を「実行」する。



(1)気になること全てを一箇所に「収集」する。
家に帰ってきて、子供が自分でやることを書き出し、廊下と洗面所の間の壁に、貼り付けました。

(2)それぞれの意味と何をすべきかを明らかにする「処理」を行う。
(3)その「処理」の結果を「整理」する。
(4)それらの行動の選択肢を「レビュー」する。
そんなに難しいことではないので、子供でも理解可能です。
何をどうすべきか、一通り説明しました。

(5)選んだ行動を「実行」する。
実行したら、マグネットを張るようにしました。


この『うちに帰ってからやることリスト』のおかげで、「ジャンバーかけた?リュックの中出した?」とかイチイチ言うことはなくなりました。

「何番まで出来た?」とは聞くけれど、私がジャンバーやリュックを拾って歩くことはないです。

ちょっと、ストレスフリーに手(チョキ)

こんなことしなくても、自分のことは自分で出来るお子さんもいると思いますが。。。


うちの場合、さらに、朝起きてやること、お風呂の後にやることリストも作りたい感じです(汗)

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術





RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。