2010年03月01日

お雛様出しました。季節を感じる暮らし『子ども歳時記12ヶ月』


このエントリーをはてなブックマークに追加
週末、お雛様を出しました。

お雛様.JPG

飾っていると、神聖な気持ちになります。
生まれてくれてよかったなと思う。


子供が生まれてから、以前に比べ、季節を意識して暮らすようになったと思います。

年間通じて同じ時間に保育園の送迎していると、お迎えの時間は同じ時間でも、冬は真っ暗で、夏はまだ日があることが分かります。

子供を保育園に入れてから早起き生活をしているので、以前だったら意識しなかった日の出日の入り時間を意識するようになりました。

保育園でもちゃんと季節にあった行事や工作をしてくれる。

せっかく四季のある国に生まれて育っているのだから、子供達にも四季、季節の行事を楽しんで欲しいと思っています。


そこで、お勧めなのがこちらの本。

心をそだてる 子ども歳時記12か月
心をそだてる 子ども歳時記12か月

月毎の行事などをまとめてあり、イラストも沢山あり、振り仮名を振ってあるので、子どもでも読むことができます。

まだ字が読めない娘は、絵本としてみています。

厚さ1.7ミリ。ボリュームのある本です。



こちらはお雛様について書いてあるページ。
歳時記.JPG

ちょっとしたうんちく。お内裏様が左側で、お雛様が右側になったのは、昭和天皇即位からだそうです。


季節の俳句や詩も載っていて、行事の由来、うんちく、お料理紹介など、大人でも楽しめる内容です。

子どもから大人まで、みんなで楽しめる一冊です。


  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ





RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
タグ:歳時記
posted by ホッシーナ at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。