2010年01月26日

「Twitterの衝撃」Twitterって、何?


このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、Twitterに興味が湧いてきて、Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える読みました。

帯によると、「各界第一線の著者陣による決定版!」です。
10名の著者による本です。

なかから、「Twitterって、何?」という私の問いに対する答えを抜き書きしました。

芸がないなぁと思いつつも、自分のためのメモです。




【林 信行さん】

TwitterがブログやこれまでのSNSと違うのは、情報を百四十文字単位に区切ったことだ。短く区切ると、さらに情報の鮮度が上がる。


Twitterの凄さの本質は、最新情報二十件の基本の時間軸(タイムライン)を自分向けに自由に調合した親密軸の情報で満たせるということだ。


Twitterはユーザが増えてきたことで、少なくともフォロワー数の多い人に取っては、「ぬくもりのある検索エンジン」に変貌し始めたのだ。


【小林 弘人さん】


これからのジャーナリズムは、四つの言葉で表現できるでしょう。
それは、

「リンク・ジャーナリズム」

「コラボレーティブ(協調型)ジャーナリズム」

「オープンソース・ジャーナリズム」
そして、

「プロセス・ジャーナリズム」
ではないでしょうか。


Twitterで報じる海外のジャーナリストたちを見て私が感じたことは、組織の中抜きということです。


速報と編成の死です。


【津田 大介さん】


Twitterの中継は広がりが非常に速いという特徴がある。伝播性が高いのである。


筆者自身も、ほとんどRSSを使わなくなっている。


【高須賀 宣さん】


フィル・ジマーマンは二〇〇六年頃にすでに、「若い子はメールなんか使わない」と話していた。


コミュニケーションや情報発信が、"マイクロ化"していることを示している。


【亀津 敦さん】


Twitterの将来を見通すには、六つの重要な視点がある。その六つとは、

@ソーシャルハブ

Aライフログ

Bリアルタイムウェブ

Cマーケティング

D情報管理

Eソーシャルソフトウェア
 

−である。



Twitterネタではないけれど、iPhoneアプリって儲かるの?という疑問の答えがありました。P148


Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える
日経BP社 出版局

Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える
日経BP社 2009-11-05
売り上げランキング : 6986

おすすめ平均 star
star10名の論者の認識の差異が一望できるのがいい
star「つぶやき」の革命論、メディア論からテクノロジーまで硬派な考察本
starニュートラル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




まだ、何をつぶやけばいいのでしょう?状態ではありますが、
↓Please follow me.

By TwitterIcon.com


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

人気ブログランキングへ










RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
タグ:twitter
posted by ホッシーナ at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。