2009年08月21日

子供の「どうして攻撃」で、ママの言葉トレーニング


このエントリーをはてなブックマークに追加
今、息子は「どうして期」です。

本を読んだら、端から、「どうして○○なの?」と聞いてきます。
本を読む時間より、関連の質疑応答時間のほうが、はるかに長い。

読んでいる途中に「どうして」と聞くことが多かったのですが、「この先に答えがあるかもしれないから、よく聞いてて」と言ったりしています。

それでも、本を読み終わった後、「どうして攻撃」です。

「どうして攻撃」にイチイチ答えるのも面倒なのですが、思考の勉強だと、ぐっと我慢。



思考を深くする方法に、Whyを5回繰り返すというのがあります。
フィンランドメソッドの本にも、どうしてが論理力を鍛えると書いてあったではないか!

どうして攻撃=論理力トレーニングと思って、付き合っています。

ほう、そこを疑問に思うのかというのこともあり、面白くもあります。




どうして攻撃の他にも、言葉の意味かを聞くことが多いです。

最近の息子の質問。

・インターネットって何?
・チャンスって何?
・集中って何?

聞きかじったことで分からないことを聞いてくるみたいです。

インターネットは、比較的簡単に答えられたけど、チャンスと集中は、どう説明すれば4歳児が理解できるのか、難しかった。

プレゼンのやり方での例えに、「子供にでも分かるように説明しなさい」なんていうけど、本当の子供を目の前にしてやってみると難しいものです。

「チャンス」についても、「集中」についても、君に話したいことは山のようにあるよーと、一人、ぐるぐる考えてしまいました。

子供の「どうして攻撃」で、ママは、言葉トレーニング、思考トレーニングできるなと思いました。




もう一つ、最近の質問。

「ママ、三途の川って何?」

目「誰がそんなこと言ったの?」

「シンケンジャーだよ」

だそうです。

子供は本当に何でも吸収していく、見せるテレビも気をつけないとと思います。。。




↓英語育児を頑張っている皆さん。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。