2009年08月02日

保育参観で保育園の体質に疑問


このエントリーをはてなブックマークに追加
金曜は、ごえもんの保育参観だった。

これまでは、変装しての保育参観だったので、ママが見ていると本人が自覚する保育参観は初めて。

「事前に保育参観に行くからね」と話すと、「保育参観って。どうするの?」というので、「いつも通りでいいから、いつもの様子を見に行くからね。」と言うと、「ブロックしていれば、いいってことだね!!!」と力強くお返事わーい(嬉しい顔)



リズム体操をする時、ごえもんは、一人全くやろうとしない。。。(汗、汗)

「いつもはちゃんとやってますから」と先生。



その後、園庭で、ふじこのクラスと遭遇。
ふじこは、一緒に帰れないと分かると号泣もうやだ〜(悲しい顔)

なんやかんやで、お昼を一緒にいただいて、子供のお昼寝の間に、面談をした。


ちょっと子供同志のことで気になることがあって、3週間くらい前に担任の相談していたのだけど、先生は「全く気付いていませんでした、相談を受けた後もそのようなことはないと思います。すみません。」とのこと。

確かに子供20人を担任一人(サポートの先生はいるけど)で見ていたら、行き届かないことはあると思う。参観して、それは、よーく分かった。

私は他のママ達から保育園での状況を聞くことが出来たので、そのことを担任の先生に話すと、実は先生も他のママから聞いて、そのことを知っていることが分かった。

私がママ友からの情報で知っていると話さなければ、先生も知らないで済ませようとしていたことに不信感を持ってしまった。。。


去年も、非常勤の先生から聞く子供の様子がちょっと心配だったので、担任の先生に聞いたら、「大丈夫ですよ」ということだったのだけど、担任の先生から、非常勤の先生に対して、「父兄に余計なことを話すな」と変な方向になってしまって、根本的な解決をしない、本質を見誤っている感じに違和感を覚えた。

今回も、その場しのぎ体質に疑問。

こういう場合、どうしたらいいのか。。。下手にクレームするとまた話が変な方向に行ったりするかもしれないから、よく考えないと。。

しかし、ママ同志の連携って大事と実感した。

今回、私の心配事に関して、ママ達に保育園の状況を教えてもらったり、アドバイスをいただいけて本当によかった。子供との接し方など、いろいろ考えることがあった。

またの機会にお話します。

保育園ママ友達は、本当に素敵な方達なのです。頭の回転が速くて、明るくてバリバリ仕事してるかっこいいママ達。大好きです!


↓頑張っているママ沢山
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村







RSS登録はこちらから
1309309648_rss.png
posted by ホッシーナ at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。