2010年08月06日

【R+】Mac People 2010年 09月号 電子書籍元年!モバイルWi-fi、iPhone4と盛りだくさん。


このエントリーをはてなブックマークに追加
レビュープラスさんより、Mac People (マックピープル) 2010年 09月号を献本いただきました。

巻頭特集は、「電子書籍元年!」

電子書籍もいろいろ出てきましたよね。

本の中で紹介されていたもの
■電子書籍ストア
理想書店  潟{イジャー MacPeopleも配信開始
MAGASTORE 鞄d通
雑誌オンライン・COM 潟Eェイズジャパン

■ビューア・コンテンツ一体化電子書籍
京極夏彦 「死ねばいいのに」 轄u談社
 iPhoneアプリ 京極夏彦 死ねばいいのに - Kodansha Ltd.

高田純次 「適当日記」潟_イヤモンド社
 iPhoneアプリ 適当日記 - DIAMOND, Inc.
 iPadアプリ 適当日記 - DIAMOND, Inc.

岩崎夏海 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
 -電子書籍の配信により、紙の書籍の販売も伸び、7月中旬で電子書籍の4万部を含め、合計100万部を突破。
 iPhoneアプリ もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら - DIAMOND, Inc.
 iPadアプリ もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら - DIAMOND, Inc.

村上龍 「歌うクジラ」 潟Oリオ
 -音楽付き、横組みという実験的な要素が取り入れられている。
 iPadアプリ A Singing Whale - Griot Co.,Ltd.

小栗 左多里 「ダーリンは外国人」 潟<fィアファクトリー
 -英語日本語併記、英語のみと文章の表示方法を切り替えられる。
 iPadアプリ My Darling is a Foreigner in English - MEDIA FACTORY,INC.



7月中旬時点のiPad国内販売台数は、12〜15万台とのことで、まだまだ供給不足、電子での単独配信かつ低価格でも採算を見込むのは難しいとのことです。iPadのサイズは、本を読むのに適していると思うので、もっとたくさん出して欲しい。iPadは、最低でも100万台の普及が必要といいます。

その点、iPhone、iPod touchは、端末の販売台数が合計300万台近くに達しているので、採算が取れる可能性があるけれど、小さい画面で小説を読みたい人がどれだけいるかという問題もあるというのは、納得です。

電子書籍が普及するには、どの端末でも読める共通のプラットフォームが必要として、現在で、もっとも理想に近いのは、アマゾンのKindleで、MacやWIndowsマシン、iPadやiPhoneなどの端末でコンテンツを共有が可能です。

私が電子書籍で困るのが、いろいろあり過ぎて、自分が何を買ってどこまで読んでいるかが分からなくなってしまっています。紙の書籍の管理でいうメディアマーカーみたいな、電子書籍管理アプリがあればいいのだけれど。。。皆さん、どうやって管理しているのでしょう?

いろんなプラットフォームが乱立していますが、利用者の立場に立って、より利用しやすい形になってくれることを望みます。


その他特集は、以下の通り。

特集1
これだけは覚えておきたいSnow LeoPardの便利ワザ
Mac OS X 厳選200テクニック


私は、Mac持っていないのですが、お持ちの方は、きっとためになる特集ですよね?
内容はよく分からない私でも、特集ページのトップのイラストにはウケました。
iphone 028.jpg

特集2
MacBook/Ipad/iPhoneユーザー必見 買うならコレ!
モバイルWi-Fiルーター大検証

特集3
SugerSync、DropboxからFlickerまで
魅惑のオンラインストレージ

付録 iPhone4パーフェクトガイドmini


ご覧の通り、魅力的な特集です!熟読しました。
Wi-Fiルーター欲しいし、オンラインストレージはDropbox以外にもいろいろありますね。iPhone4は、買うべきか買わざるべきか。。


Mac People (マックピープル) 2010年 09月号 [雑誌]
Mac People (マックピープル) 2010年 09月号 [雑誌]



【編集後記】
昨日は、元同期クンと会いました。実は、ものすごく近所に住んでいることが発覚し、お互い保育園の送迎後に少し情報交換。
linkedin(ビジネスマッチングに特化したSNS)がいいよと見せてくれました。見ると、数々のオファー履歴が。
英語サイトですが、企業にとっては、ある程度の英語力や、ITを積極的に活用する姿勢という点をクリアした人材ということで、候補者のレベルを絞れていいのかもしれません。他の方のレジュメも参照できるというので、自分のレジュメを書くときの参考になりますね。

linkedin日本語の説明




 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




posted by ホッシーナ at 05:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

ライフハック女子のビックチャレンジ 『東京マラソン』 


このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日書きました「新しいチャレンジを年に10個」というお話ですが、一つ、 ビックチャレンジが漏れていました。

それは「東京マラソン申込」です。

来年2月27日に行われる東京マラソンに申込みました!

8/1のライフハック女子ランチにて、私が「東京マラソンに出てみたいんです」というと、@kobutako2ko2さんが、「普段走ることができない東京の車道を走れるって楽しそう♪」とのって下さり、@saya_tさんも道連れに、ライフハック女子3人組でエントリーしました。


東京マラソン出てみたいじゃないですか?東京に住んでいるのですから。

私は、長野県出身ですが、長野オリンピックを見に行っていません。
仕事が忙しくていけなかったのですが、私も若かったというか、今から思えば、忙しくても、休んで見に行けばよかったのです。

東京マラソンも、おばあちゃんになって走れなくなってから、走ってみたかったと後悔するのはイヤと漠然と思っていました。


私は、自慢じゃありませんが、息子を妊娠して以降約6年、運動らしい運動したことがありません。
自分がどのくらい走ることが出来るのか全く見当もつきません。

こういうド素人が参入してくるのは迷惑と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞお許し下さい。。




さて、何故こんな大きなチャレンジが[新しいチャレンジ10個」から漏れていたかというと、申込はチャレンジなのか?と思いまして。。

「東京マラソン出場」は、チャレンジといえると思うのですが、「東京マラソン エントリー」そのものは、極めて簡単なのです。
記入に迷ったのは、「目標走行時間」と「Tシャツのサイズ」くらいで、すぐ申込完了しました。

そんなわけで、昨日のリストには載せなかったのですが、マラソンのマの字も知らない面々でトライする、チャレンジ度で言えば、かなり無謀なビックチャレンジです。

というわけで、8/1から、ウォーキングを始めました。



東京マラソンのエントリー期間は、8/1〜31です。
まだ、間に合います。一緒に走りませんか?
申込は簡単です!(笑)

東京マラソン エントリーページ


@kobutako2ko2さんからRunkeeperのteam機能を教えていただきました。
runkeeper.JPG
Facebook、Google contacts、Local Usersから、お仲間を登録できます。
チームで刺激し合える仕組み、いいですね。




@kobutako2ko2さんに教えていただいて、プチっと。今日届く予定の本。
ゼロから始めるフルマラソンの本 (趣味の教科書)
ゼロから始めるフルマラソンの本 (趣味の教科書)



ふつふつと走りたいという気持ちが起こってくる本。オススメ。
走る女たち
走る女たち


RunKeeper Pro 2.3.6.0(iOS 4.0 テスト済み)(¥1,200) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

RunKeeper Pro 2.3.6.0(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: 健康&フィットネス
価格: ¥1,200





【編集後記】
冷静に考えると、@kobutako2ko2さん、@saya_tとお会いしたのは3回目、会話らしい会話したのは始めてで、一緒にマラソンにトライすることになるとは面白いものです。

@kobutako2ko2さんの「[漫筆] これからブログを始める人、ブログ始めて間もない人」の中で、「私が他の人にブログを始めるように薦めるのは、その人ともっと親しくなりたいからです。どんなことに興味をもっているのか、どんな価値観をもっているのかを知りたくて」とありましたが、確かに、コボリさんのブログを読んでいて、どんな方か分かっていたし、私もこんな拙いブログながらもあってよかったのかなと思いました。

東京ライフハック研究会では、各種分科会が発足しそうですが、ライフハッカーの皆さんの「ちょっとした工夫で人生を楽しもう!」という価値観が共通という点で気が合うのかもしれません。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


posted by ホッシーナ at 05:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ライフハック女子ランチ 〜『新しいことにチャレンジする』


このエントリーをはてなブックマークに追加
先日の、GTDオフの後、@kobutako2ko2さんと@saya_tさんとライフハック女子メンバーでランチしに行きました。
振り返ってみると、実はお二人とは週末3週連続でお会いしていることになりますが、なかなかじっくりお話する機会がなかったのです。
なので、ブログ、twitter、読書などについて、いろいろお話できて嬉し楽しいランチでした。


ブログについては、@kobutako2ko2さんにどうしてもお聞きしたかった「ブログを書く目的」について伺うことができました。
@kobutako2ko2さんの「名言コツコツ」は、毎日更新されていて尊敬しているのですが、毎日更新する理由や方法について、半ばブログ講座のように、@saya_tさんと身を乗り出して聞いちゃいました。

近々、「名言コツコツ」で、ブログ始める人、ブログ始めて間もない人向けの記事をアップしていただけるようなので、楽しみです。

何故、コブタ?の謎も解けました!


いろいろなお話の中で、とても面白いことを伺いました。

名言コツコツの中で、【今日のコブタ】という近況報告の部分があって、楽しみに読んでいるのですが、数日前にラーメンと牛丼を3年前に食べたという記述があって、可笑しかったのですが、それについて伺うと、一人でラーメン屋さん、牛丼屋さんに入ったのが3年前で、それ以降食べていないそうです。
年に10個、新しいことにチャレンジする」という目標があって、一人でラーメン屋さん、牛丼屋さんに入ったのは、その一環だったのだそうです。


年10個のノルマを達成すると、10年後には、100個の新しいことが実行されていることになります。わくわくしますね!
変化し続けるって、なかなか難しいけれど、こうやって数字に落とすと、やってみよう!という気になります。
さすが、@kobutako2ko2さん!というわけで、私も真似してみます。

2010年、新しいことにチャレンジしたかなと振り返ってみました。

1. Scansnap、iPad購入でデジタル化推進
2. PTA役員に立候補
3. セミナー、勉強会、オフ会に参加
4. カブトムシ飼育
5. 不動産競売入札
6. 週末プチ断食実行

いまのところ6個でした。
2,3,4については、子供が大きくなって、少し余裕が出てきたことが大きいと思います。
これまで躊躇していたことが、少しずつできるようになってきました。
10個目指して、引き続きやってみます。


皆さんは、新しいことにチャレンジしてますか?


【編集後記】
シゴタノ!ブログゼミに申し込みました。
8月は、ブログパワーアップ月間にします!
今日は、早速、シゴタノ!のこの記事を参照して、編集後記コーナーを作ってみましたよ。

ゼミ同期の方をちらほら発見し、モチベーションアップしています。

改めて、私自身のブログを書く目的って何なんだろう?誰に読んでもらいたいのだろう?など、考えています。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




posted by ホッシーナ at 04:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライフハック女子部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

GTDオフ 「他の人はどんなふうにGTDやってるの?」に行ってきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、@kobutako2ko2さんから、「先月のGTDセミナーの復習しましょ!」というお誘いがありました。
「ふ、復習って何?!」と思ったのですが、他の方の実践方法を知るよい機会と思い、参加してきました。

GTDオフ 「他の人はどんなふうにGTDやってるの?」 8/1@渋谷

メンバーは、@kobutako2ko2さん、@saya_tさん、@powerangixさん、@taro_ogataさん、@Sayobsさん、(到着順、笑)
ちなみに、私以外は、東京ライフハック研究会のスタッフの方々です。

東京ライフハック研究会 運営メンバー紹介


GTDの取り組みに関して、先達が悩める子羊達を率いる的な、非常にバランスのよいメンバー構成でした。

GTD Myスタイル確立済。@kobutako2ko2さん、@powerangixさん
GTD Myスタイル模索中。@saya_tさん、@hosshina
GTD 開始3日目。 @Sayobsさん
GTD これから開始。 @taro_ogataさん



皆さんのGTDの実践方法と、課題、解決方法等を共有しました。
iphone 020.jpg

・意外にも?Inboxに書き出す(ダンプする)作業はアナログ派が多い。

・ダンプする時、感情から落とし込んでいく方法もある。(@powerangixさん)例えば、いらいらしている。→何に対して、どうしていらいらしているのか?と落とし込んでいく。これは新しい発見!試してみよう。

・使用しているデジタルツールは、OminiFocusEvernoteDoit.im 等。

・トリガーリスト使用しない派、一般トリガーリスト活用派、オリジナルトリガーリスト利用派がいる。
私は、一般トリガーリスト使っていますが、一度、オリジナルを作っておくと良さそう。

・Inboxの仕訳をすることで、自分にとっての意味が分かる。自分のなかで価値のあることが明確になってくる。

・今やるべきことに集中できる。

・ダンプして全て出し切りスッキリする派と、スッキリしていない派がいる。
 スッキリする派は、人生の目標が定まっているという仮説あり。深いテーマに突入!

・ @Sayobsさんの、開始3日でスッキリしまくり具合が素晴らしい!

・人生の目標からトップダウンでアクションに落とし込んでいくタスクと、やりたいこととしてボトムアップで発生するタスクとがある。(@kobutako2ko2さん)

GTDセミナーで@mehoriさんから、お話があったGTDのスティーブンRコヴィー的世界への突入です。

・デジタルとアナログの切り分けは、最近の私のテーマですが、これについての非常に興味深い定義。
デジタルは、電子辞書的。ピンポイントで検索可能。通販的。
アナログは、紙の辞書的。目的のものの周辺も自然に目に入ってくる。街歩きショッピング的。

・セキュリティ面の配慮から、仕事情報は、evernoteのオフラインで保存。これで、オンオフ切替が強制的に確実に可能!(@saya_tさん)

・@kobutako2ko2さんの手帳術が濃い!
[漫筆] 手帳とノートの俯瞰図を作ってみましたの世界を目の当たりにすることができました。
 -朝計画を立てて、実績を記録している。
 -当日中に絶対入らないものはいれない。(実績記録により、作業見積りができているため可能)
 -今年中にやることは、スケジュールに入っている。今年以降はリストに。
 -80年後(80歳までじゃないよ!驚き!)までの目標がストックされている。
 -todoは一週間単位。
 -過去のほしいものリスト等も変化していっても、消し込まないで残しておく。自分史になる。
 -Googleカレンダーでも実績管理。
 -第一日曜日に過去の同じ月を振り替える。
 -最新2冊のネタ帳も持ち歩く。 etc.
 
特に勉強になったのが、「振り返り
私も月次で、前月の振り返りと今月の目標、todoの整理をしてはいますが、@kobutako2ko2さんは、これまでの同じ月についても振り返りを行っているということです。今だったら、2009年、2008年の8月は、何をしていたか?を確認するとのこと。

なるほど!自分の成長や、その季節ならではの出来事も確認できるし面白い。

去年の8月を見てみたら、その時読んでいた本とか、興味持っていること、子供達の様子を思い出して楽しいのと、まだ、このテーマは深堀りして続けたほうがいいんじゃないかというものを発見したりして、意味あると思いました!


@kobutako2ko2さんの最新エントリで、名言を「自分のもの」にする方法について書かれていますが、@kobutako2ko2さんの自分のものにするコツは振り返りにあるのではないかと思ってしまいました。手帳、読書メモ、ネタ帳を都度振り返り、しっかり自分のものにされているという印象を持ちました。

いやー、本当に勉強になりました。


〜その他、GTD以外のこと〜

@taro_ogataさんの名刺は、ハッカの匂い。匂いで印象付けるっていいですね!

iPad使いこなしたいと思って、iPadでメモ取りましたが、やはりブラインドタッチできず、イライラ。
来週には、Bluetooth キーボードが届く予定なので楽しみ。

GTDとは関係なく聞いてみたかったiPadケースやノマド環境についても情報入手し、有意義でした。


主催の@kobutako2ko2さんはお菓子を食べながらのお茶会のつもりだったそうですが、立派な勉強会でした!(もちろん、お菓子はしっかり食べた♪)

今後、手帳分科会、ライフハック女子会等々に発展の兆しがあります。乞うご期待。



 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


posted by ホッシーナ at 05:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー・勉強会・オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

【R+】『つぶやき進化論』 ソーシャルノミクスの生き方


このエントリーをはてなブックマークに追加
レビュープラスさんより献本いただき、つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! を読みました。

レビュープラスさんから、ご紹介いただく本は、いつも興味深いものばかりで嬉しいです。ありがとうございます。

今回はPDFでの配布で、iPadで読みました。
前回、せっせとスキャンしましたので有難い。ご対応ありがとうございます。




『つぶやき進化論』は、Twitter、Facebook等の「ソーシャルメディア」によって、起こっていく社会変化について書かれた本です。

この変化を起こしているのは、ほかならぬ「一般人」で、普通の人が主役の経済、みんなの経済=「ソーシャルノミクス」なのです。

ソーシャルメディアは、なぜこれほどの勢いで流行しているか?というと、一番の理由は、「情報の消化不良を防いでくれるから」といいます。

現在、流通している情報量は膨大で、その上、ソーシャルメディアを利用したら、さらに消化不良を起こしてしまいそうですが、実は、ソーシャルメディアを活用することで、マス向けの情報流通ではなく、「個」に対する情報流通が可能となり、適切な情報をタイムリーに発信可能で、意義ある影響を及ぼすことができるのです。
消化不良どころか、ユーザーにとっては、本当に必要としている栄養素をタイムリーにピンポイントで与えられ、過不足なく消化できてしまうということです。


重要なポイントとして、「Facebookやソーシャルメディアで時間をつぶすと実は生産性があがる。」と書いてあります。

事例が書いてありますが、私自身も振り返ってみると、すき間時間にTwitterで入手した情報で、『できるポケット+ Evernote』読者モニターをさせていただいたり、Lifehacking.jp GTD セミナーに参加したり、Twitterで質問して、MBTを買ったり、週末プチ断食をしたりと、Twitterがトリガーになっていることが増えていることに気が付きます。

iPad購入した時に、同期に時間かかり過ぎじゃないの?と不安になって、Twitter検索をして、「なんだ、みんな同じみたい」と安心したり、Google検索ではなくTwitter検索することも増えてきました。


ボストン大学では、2013年以降は新入生に電子メールのアカウントを配布しないことになったそうです。

意識していなかったけれど、確かに、最近、Facebokのメッセージや、TwitterのDMでやりとりしていて、一度もメールのやりとりしたことがない方がいることに気が付きました。今後は、「そろばんって何?」みたいに「メールって何?」という世代が出てくるかもしれません。


本書では、個人だけでなく企業の立場で、ソーシャルノミクスをどう活用するかについても書かれています。

企業にとっては、ソーシャルメディアは顧客の生の声を把握するチャンスです。また、ソーシャルメディアを活用した開放型の双方向対話は、一方的なコミュニケーションよりもはるかに効果的といえるでしょう。

ソーシャルメディアのある世界では、まず、メッセージ戦略を決め、市場からのフィードバックを参考にしながら、戦略が正しいかどうか見直したり修正したりしても構いません。変わり続けるニーズをすぐに見つけて対応することが可能になります。

ソーシャルノミクスを企業がどう生きるか、具体的に書いてあるので参考になります。


本の中で、何度か取り上げられているメッセージに、「ソーシャルメディアライフでは何もせず過ごすより、失敗するほうがよい」というものがあります。「前に進みながら倒れよう。失敗するなら俊敏に、よりたくみに」と。


これまでなかった新しい時代です。Try&Errorでいいじゃないか、そうやって、新しい時代、みんなの経済=「ソーシャルノミクス」に向かって進んで行きたいと思わせる本です。

是非、読んでみて下さい。

つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! (East Press Business)
エリック クォルマン 竹村 詠美

つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! (East Press Business)
イースト・プレス 2010-07-29
売り上げランキング : 38814

おすすめ平均 star
starソーシャルネットワークが生みだすソーシャルノミクス
starメールよりSNS

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



posted by ホッシーナ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本 ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。