2009年06月28日

りんご病感染


このエントリーをはてなブックマークに追加
ふじこが「りんご病」になりました。

子供の病気を知る:りんご病(伝染性紅斑)

本当はほっぺが赤くりんごのようになるらしいけど、ふじこは手足だけ、まだらに赤くなっていて、少し熱を持っている感じでした。

伝染する病気みたいだけど、体に赤く出た時点では、もう遅いので、保育園に行っていいということで、お薬だけ処方してもらって金曜は登園しました。

いろんな病気があるのですね。大人がかかると大変らしい。

保育園の他の子が来週、次々「りんご病」にならないことを祈ります。
わが子が感染源というのは、気が引けるので。。


↓プチップチッとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
人気ブログランキングへ



posted by ホッシーナ at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

変装して侵入♪ 保育園


このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日は、年に一度の仮装大会じゃなくって、保育参観でした。
普段の子供の姿を知るために、変装して参加なのです。

エプロンとジャージに、三角巾を目深にして、マスクという、かなり不審な格好での参観です。しかも暑いのだ、これが。

衣装は、保育園で用意してくれます。うちにあるものだと、ばれるから。

エプロンは割烹着型で犬かなんかのアップリケがついた、いかにも保育園の先生風のものです。(どこで買うのかな、ああいうの?普通には売ってない気がするけど。)

普段通りに保育園に預けて会社に行くふりして、変装して参観です。

今回は、ふじこだけでした。
去年は、ごえもんとふじこと同じ日で、保育園の1階と3階を行ったり来たり何往復もしたけど、今回はじっくり見れてよかった。

<今回の収穫>
ふじこは、相当言うこと聞かないと思っていたけど、もっともっと、ツワモノ達がいた。30分に1回は、泣くか、ケンカ勃発。

なんだ、ふじこの言うこと聞かないなんて、かわいいもんじゃない〜♪とすごく気が楽になってしまいました。

いつもお迎えに行くと、汚れ物はきれいにたたんでカゴに入れてあるのだけど、これまで先生がやっていると思っていたのですが、自分でやっていることが分かりました。先生が声をかけて自分で丁寧にたたんでいました。なんだ、自分でできるんだ!家でもやらせよう。


去年は、ばれなかったけど、2歳児クラスになると、変装して目しか出ていないというのに、「ふじこちゃんのママ、何でいるの?」「ふじこちゃんのママ、何してるの?」と突っ込まれまくり。

先生も「新しい先生よ」なんて言ったりして。
私も、「本当は、ふじこちゃんのママなんだけど、秘密ね!」と耳打ちしたりしつつ、ふじこ本人は気付くことなく、終了しました。

ここのところ、登園の際に泣くというのがずーっと続いていたので、元気に遊んでいる園での様子を見ることができて、本当に安心しました。

先生達の子供への接し方でヒントになる部分もあり、参観してよかった。

しかし、保育園の先生って大変〜。頭が下がります。

育児に疲れたら保育参観してみると、一人の相手するのなんて楽チンって思えるかも(笑)



posted by ホッシーナ at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「よるくま」に感情移入 3歳児の涙 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ふじこは、3歳になっても魔の2歳児継続中で、気に入らないことがあるとすぐ泣くのですが、最近、ふじこの涙に感情移入の涙というのが加わりました。


前に、バービーちゃんのDVDを見て、猫ちゃんがかわいそうというシーンで泣いたと書きましたが、最近、絵本やDVDを見てかわいそうなシーンで泣くということがあります。


昨日は、よるくまを一人で見ながら、「お母さんに会いたかったんだよねー」と言って泣いていました。

よるくま
酒井 駒子
4033312307


よるくまは、私にとっても涙が出そうな絵本です。

1歳の頃、ふじこが肺炎で入院した時に、当時もお気に入りの本で、病院に持っていきベッドサイドで読んだ本です。

まだ小さいふじこが、高い柵のついた檻のようなベッドで、夜一人で寝ていたことを思い出すと、胸がキューンとなります。

私は、午前中仕事をして午後から病院に行っていましたが、よるくまのお母さんがいなかったのは仕事をしていたんだよというのと重なって、申し訳ないような気がしてました。


ふじこは今はすごく元気で、絵本を読んで泣いても、すぐけろっとして別の本を読み出しています。すごく切り替え早いので、こっちがびっくりしちゃいます!


↓プチップチッとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
人気ブログランキングへ



posted by ホッシーナ at 06:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

英語が出てきましたー


このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の英語教育に突然興味が出てきてから2ヶ月くらいになります。

昨日は、二人全く違う形で英語が出てきて、面白く思いました。

ごえもん→保育園に行く途中、道が二手に分かれているところにきて、大声で歌いだした。
Which way, which way
Should we go?
I don't know.
Which way we should go.

DWEで出てくる歌です。
ただ聞いてただけだけど、ちゃんと覚えていたんだというのと、状況に合っているので、歌の内容は分かっているんだと思いました。

道行くおばさんが、いったい何を歌っているのか不思議そうな顔をしていておかしかった。訳の分からない歌を大声で歌っている頭の弱そうな子に見えたかも(笑)


ふじこ→寝る時、布団の中で一人でぶつぶつ。
What do you see?
I can see red.

What do you see?
I can see bule.

What do you see?
I can see yellow.

What do you see?は、Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
からきていて、
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

I see redは、CTP絵本のI see colorsからで、二つをミックスして自分でやりとりを作っているのでした。

両方とも同じseeを使っているって分かったらしい。


8時半から6時半まで保育園生活なので、英語ができる時間は、一日約2時間半だけど、outputがあると嬉しいものですねーるんるん

<我が家の英語タイム>
朝食から家を出るまで:      CD 約1時間
家に戻って夕飯を作っている間:  DVD or TV 約30分
夕飯とお風呂入るまで:      CD 約1時間

ごえもんがご飯中、CDがかかっていると「うるさくてご飯を食べられない」ということがあるので、そのときは止めてます。

夕飯を作っている間も、日本語のTV録画(ダーウィンが来たとか、モリゾーとキッコロとか)を見せることもあります。

本を読みたいと思っているが、平日はほとんどできず。。
少しでも本を読んであげられるようにしたいな。


↓プチップチッとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
人気ブログランキングへ












posted by ホッシーナ at 05:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 子供英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

バービーちゃんデビューその後


このエントリーをはてなブックマークに追加
ふじこの3歳誕生日プレゼントにあげたバービーちゃんのその後の様子です。

バービー.JPG
↑お部屋でくつろいでおります。

プレゼント開けた後、ごえもんとふじこで群がって来るけれど、すごく丁寧にそこらじゅうとめてあるので、それをプチプチ切るのに時間がかかったー。

あと、おうちにはシールを張る必要があるので、「ちょっと待ってー、ちょっと待ってー」と言いながら、シールぺたぺたしました。

(シールを張るのは、写真手前の鏡の部分とか、写真たての写真部分とか、奥の窓の部分など)

一つ誤算だったおのは、お人形に洋服が10アイテムついていると書いてあったのを、私は、10コーディネイト入っていると思っていて、「あれ、少ない?」と思ってしまったのですが、スカート1、ブラウス1、ボレロ1と数えて10なので、合っていました。

お部屋には、天蓋付きのお姫様ベッドとお風呂、洗面所がついていて、「さあ、お風呂に入りましょるんるん」とか言って遊んでいます。

おうちを閉じるとバック型になって収納できるのが、うれしいです。




DVDのほうですが、3Gのバービーちゃんです。
セットで買ったのだけど、まずこれを見てみました。

Barbie As Princess & Pauper (Chk Sen) [DVD] [Import]
Barbie As Princess & Pauper (Chk Sen) [DVD] [Import]Jennifer Twiner McCarron Jesyca C. Durchin Kim Dent-Wilder

おすすめ平均
starsすごく可愛い☆
stars素晴らしい!!!
starsバービーの王女と村娘

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


途中、猫を投げる?シーンがあったらしく、それを見たふじこは、「猫ちゃん投げちゃいけないんだよねー」と言って感情移入して泣き出しました。たらーっ(汗)

その後、ごえもんが「怖い」と言って泣き出したらーっ(汗)(どこが怖かったのかは、私には分からない。。。)

二人揃って泣きながら見ている状態に。。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

泣きながらもふじこは、先を見たいのだけど、ごえもんが「やめてぇぇぇー」というので、STOP。

けして怖い話ではないと思うのだけど。。

私も、夕飯作っている間、これ見てて状態なので、よくないですね。


また、別の機会にトライします!


↓プチップチッとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
人気ブログランキングへ




posted by ホッシーナ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。